« エンドウ製品のお知らせ | トップページ | 久々のタニカワ »

2022年8月27日 (土)

旧国用IMONカプラー 1編成交換してみました

 相変わらず神奈川県内では週に数万人が新型コロナに感染している状況です。過去の病歴から医者から絶対に感染しないように言われている管理人も戦々恐々という感じです。引き続きネット経由の営業にならざるを得ないのでPCとにらめっこが続いていますが、ここで先日発売されたIMONカプラー旧国用、編成両端部だけ取り換えてあった大雄山線、中間部分も取り換えてみました。

1_20220827103801

 新性能車用と比べると正面から見ると中央部のふくらみがなく長方形なので、ずいぶん印象が異なります。基本的な構造や組み立て方は新性能車用と同じです。

 

2_20220827104301

 新性能用がついていた時のサハ81号です。

3_20220827104701

 旧国用に取り換えたところです。だいぶ印象が変わりました。中間部分なので見えないので、どっちでもよさそうですが、ちょっとしたこだわりです。

4_20220827105401

 連結間隔や取扱方法も新性能用と同様です。

5_20220827110201

 編成全体で見るとこんな感じです。

 この密着連結器シリーズ、伸縮機構がありカプラーポケットが小さく、形状も実感的なので、完成品で使用されているACEカプラーやエンドウ伸縮カプラーなどと取り換えてみるのも良いかもしれませんね。組み立てがやや面倒かもしれませんが、価格も308円ですし。

こちらよりどうぞ。 ⇒ https://ms-sagami.raku-uru.jp/item-detail/1211397

|

« エンドウ製品のお知らせ | トップページ | 久々のタニカワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンドウ製品のお知らせ | トップページ | 久々のタニカワ »