« 慣らし走行 | トップページ | ようやく連続走行試験 »

2022年6月18日 (土)

中間台車で苦戦中

 組み戻しを始めたED78、車体を被せると中間台車が相変わらず傾いて浮き上がります。

Dsc03518

 よくよく見ると、他社品のようにコイルバネで線路に押し付けるのではなく、床側のマクラバリが可動式になっていて線路に追随させるという凝った構造なのですね。ということは車体を被せた時に床が完全に平らでないとトラブルわけです。

車体の取り換えに合わせて取り付けネジ径の変更などを行っているので、もう一度基本部分の見直しを行います。こういう構造だったのは初めて知りました。

|

« 慣らし走行 | トップページ | ようやく連続走行試験 »

コメント

ブラス入門モデラー  さま

 コメントありがとうございます。どうやらその辺までは把握したのですが、今回は車体と下回りが別メーカーになるので、床をきちんと水平に取り付けるのがポイントのようです。「許容範囲」というものが殆どないみたいですので。この車体、妙にかっこいいので、もう少し頑張ります。

投稿: さがみ | 2022年6月23日 (木) 13時58分

分解してみると解りますよ。
細長い板の両端にバネがあります。
凝った造りですが、線路に追従する様になれば大丈夫だと思います。

投稿: ブラス入門モデラー | 2022年6月23日 (木) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慣らし走行 | トップページ | ようやく連続走行試験 »