« 下回り塗装の続き | トップページ | 車体を塗ります »

2021年12月15日 (水)

下回り塗装の続き

 キハ17増備車、下回り塗装の続きです。油染み表現をしたエンジンに合わせて、他の部分にも錆や泥汚れ表現をしておきます。

1_202112152138012_20211215213801
 それほど高速走行する車両ではないので、制輪子由来の赤錆系をメインにしてみました。薄く溶いたレッドブラウンをエアブラシで吹きますが、下地の色が見えるくらいの濃度にするのがポイントです。最後に完全艶消しのオーバーコートを吹いて仕上げます。この状態で床下機器に艶があるはずはありませんので。構造的に苦しいエンジンの奥行き表現ですが、色彩表現でだいぶ雰囲気になったかなと思っています。車体もそれに合わせて、排気管周辺の煤汚れを表現します。

 この後は車体の塗装です。

|

« 下回り塗装の続き | トップページ | 車体を塗ります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下回り塗装の続き | トップページ | 車体を塗ります »