« パンタ取付方法の検討 | トップページ | パンタ取付方式の構築 »

2021年8月 8日 (日)

IMON製焼付塗装の碍子

 IMONのパンタグラフ用碍子、直流用は旧フクシマの流れを汲むプラ製のものでしたが、その後焼付塗装のものが加わりました。当店では従来のプラ製のものを在庫していましたが、今回お試しで取ってみました。

3203

 どういう効果があるのか、早速実験してみます。

1_20210808142701

 経年20年ほどの旧フクシマ製新潟交通モハ24号です。パンタをIMON製TDK-Cに取り換えるついでに碍子も焼付塗装のものにしてみました。

2_20210808142901

 写真には写りにくいのですが、プラのものはやや光が透けた感じなのに対して、焼付塗装のものは白色がくっきりした感じです。

プラ製のものは経年で黄ばんだり割れたりすることもあります。

3_20210808143201

 パンタも新しいものは線が細く、台枠にディテールが付いたり、ホーンの形状や全体の寸法、線の太さが見直されて、シャープな感じになっています。

 焼付塗装碍子はネット支店に登録しましたので、ご利用ください。

 

ネット支店⇒ https://ms-sagami.raku-uru.jp/

 

|

« パンタ取付方法の検討 | トップページ | パンタ取付方式の構築 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パンタ取付方法の検討 | トップページ | パンタ取付方式の構築 »