« キハ54-500代スタート | トップページ | 店レイアウト ホーム照明の改良 »

2018年10月30日 (火)

箱にします

 キハ54-500代、車体の続きです。前回に続いて、車体裏側の残りの部品を取り付けます。車端部の小アングルと出入口脇のスピーカー裏板をハンダ付けします。

541

 アングルは通常とは逆向きで、車体裾合わせなので要注意です。これは前面を取り付けた後の方が良いかもしれません。スピーカー穴は真鍮板小片の裏板で塞ぎます。この上に外側からステンレス製のスピーカーパーツを接着するようです。

542

 前面は先ず、妻板部品にロスト製の枠をハンダ付けします。枠はロストパーツの特性で歪んでいたりすることがあるので、定盤の上で平らにしてから妻板をはめ込むと簡単に出来ると思います。

 次にこの前面を車体に取り付けます。枠の段差に車体本体がはまるような感じです。

543

 ステンレス車なので継ぎ目を消す必要はなく、むしろ継ぎ目がきれいに残るようにする必要があります。前面にロスト部品が使われていて、車体本体がエッチング加工されているものの場合、合わせに苦労することが多いのですが、さすが完成品メーカーだけあって、プラキットよろしく一発でピッタリと合ったのにはびっくりです。まあ、完成品がメインなので、この辺で手こずれば商売にならないわけですが・・・。完成品メーカーのキットの良さだと思いますし、かと言って大昔のような簡略製品でもないですね。

 部品を眺めながら手順を考えて進めていますが、意外とあっさり箱になりました。ここで一旦染み出したハンダを除去したり、埋まってしまった穴を開け直します。

|

« キハ54-500代スタート | トップページ | 店レイアウト ホーム照明の改良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キハ54-500代スタート | トップページ | 店レイアウト ホーム照明の改良 »