« ディテール取付に入ります | トップページ | 線路の改修 »

2015年10月 1日 (木)

新幹線の開通とともに劣化するJR北海道

 JR北海道のプレスリリースにこんな記事があります。

http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150930-1.pdf

 JR化後初めての普通列車大リストラです。キハ40の廃車、いさりび鉄道にはしばらくは使えそうな1700番台を譲渡するでしょうから、廃車は当面未更新の、国鉄時代の100番台1次形がターゲットなのでしょう。ちなみに現存の1次形は全車ワンマン化されて700番台ですが、元番号+725、つまり826~841になっています。

 そもそも北海道のローカル輸送は民間企業には無理なのは猿でも分かることです。一方であの厳しい気候条件がありますから、鉄路は社会のインフラとして何としても存続しなければなりません。北海道の鉄路を民営にしたと言うところに、根本的な問題があるように思えます。

|

« ディテール取付に入ります | トップページ | 線路の改修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディテール取付に入ります | トップページ | 線路の改修 »