« ついに「本当に」完成 | トップページ | キット組立用の参考写真です »

2014年6月26日 (木)

北海道はすっかり夏です

 復活7年目の成果を試すべく、また北海道へやってきました。梅雨がないはずの北海道、今年は雨が続いたようですが、ようやく天気も回復して、気持ちのよい夏空が広がっています。気長にグレードアップを目指すリハビリ、今年は、雪対策としてPTに教えてもらった砂利道訓練、副産物として当然のことながら、舗装していないホームなどがどれだけスムーズに歩けるか、というのを確認するというのがあります。

2429

Memuro

Makubetsu

 ホームが舗装してあっても舗装が割れていたり、列車との段差がすごかったりと、まさに何でもありの世界なのですが、今のテーマは、健康な人と同じように、特に意識せずに安全に乗降できるようになるのが目標です。単純に乗り降りするだけなら、慎重にやれば問題ないところまでは来ているのですが。

 あと、意外に難しいのは、「交換列車待ち合わせで5分止まります」というような場合に、時間潰しをかねて対向列車を撮影するような時、構図を考えながら砂利のホームを後ずさりしたりすることとかですね。これは結構転倒の危険もあります。

Memuro2

 何故かこの駅は右側通行で行き違いですが、こういう写真でも撮ろうという場合ですね。このホームはいやらしいことに、先端部が舗装、、中央部が砂利です。3日目ですが、七沢病院の理学療法士に雪対策のヒントで教えてもらった砂利道訓練がかなり利いているようで、去年と比べてこのような悪条件のところの動作がかなり軽くなっています。

 それともうひとつ、もう今回で終わりになるのでしょうけれど、「北斗星」のシャワーがずいぶん楽に使えるようになっていました。走行中に立った状態で体を洗うわけですが、これは平衡感覚が引き続き復活中であるということを示していると思います。正直、脳卒中をやってこれを使えるようになる人は殆どいないのではないか、と思います。

 でも、「脳卒中は半年経ったらそれ以上は良くならない」というのは、その人の状況にもよるのでしょうけれど、これは嘘ですね。

Hokutosei

 駅弁だって、両手が使えなければ食べられないわけですが、これは復活1年目で何とかモノにしました。

 リハビリという世界から完全に離れて歩き回れるようになるのが理想だとは思いますが、元ネタが脳卒中なだけに、一筋縄では行きません。でも、だいぶ完全復活に近付きつつあるのを実感した、北の大地3日目でした。

|

« ついに「本当に」完成 | トップページ | キット組立用の参考写真です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに「本当に」完成 | トップページ | キット組立用の参考写真です »