« 最後にED71試運転 | トップページ | 1年の終わりに列車の尻尾の仕上げ »

2013年12月24日 (火)

ありふれたマニ60、仕上げの続きです

 ありふれたマニ60の仕上げを続けます。

603

 窓ガラス貼りと保護棒の取り付けです。保護棒は、昔は塩ビに線が印刷されたものでしたが、今はこのようにエッチングの別パーツを取り付けます。便所と貴重品室は、このようにプラ板で簡単に仕切りを作って表現します。走行中に横から眺めて、向こう側が透けてはいけない部分の表現は、運転メインの場合特に重要なファクターになってきます。

602

 個体差はありますが、貴重品室はすりガラス、便所は白ガラス表現としてメリハリをつけてみました。

601

 まだ作業途中感がいっぱいですが、今日の段階での全体イメージです。あっさり目にするつもりでも、ついついこだわりが出て来てしまいます。

|

« 最後にED71試運転 | トップページ | 1年の終わりに列車の尻尾の仕上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後にED71試運転 | トップページ | 1年の終わりに列車の尻尾の仕上げ »