« 外側の仕上げ | トップページ | 貫通ホロと渡り板の取付 »

2013年9月30日 (月)

内装の取付を行います

 続いて内装の取付を行います。かつての16番完成品は、車内ががらんどうというのが一般的でしたが、縮尺の小さいNゲージでも座席があるのが当たり前の今日、それでは済まされませんね。

Naisou1

 予め塗装しておいた、天賞堂製のクロスシートと、工作室の半端品BOXに投げ込まれていた、フクシマ製のロングシートを接着します。ロングシートは、同じものがモデルスIMONから復活しています。
 フジモデルのキットは、内装はおろかライトや室内灯の点灯などは、全く考慮されていませんから、これらを取り込む場合には、どういう構造にするか、またどういう手順で作るか、ということを考える必要があります。

 この後、乗務員室やデッキの仕切をプラ板で作成して取り付けます。配線が煩雑になる両運転台車なので、トイレやデッキを配線ダクトとして使おうと思います。

401

 まだ仕切りがないので、抜けてはいけないところが抜けて見えていますが、座席の背摺りが見えるようになって、少し先へ進んだ気分です。

|

« 外側の仕上げ | トップページ | 貫通ホロと渡り板の取付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外側の仕上げ | トップページ | 貫通ホロと渡り板の取付 »