« 動力システム完成 | トップページ | 車体の組立に入ります »

2013年7月31日 (水)

車体の下ごしらえ

 いつもとは逆に、足回りが先行するキハ40-100前期形(ベースのワンマン700番台)ですが、来週あたりから車体に入ります。しかし、組立に入る前にこの車種ならではの特徴から、車体の下ごしらえをする必要があります。

401

 このグループでは、窓の開口部の淵が丸みを帯びていて、キットの車体もその雰囲気を良く出しているのですが、裏側を見るとこんな問題があります。

402

 わざとダレた感じのプレス抜きで、この雰囲気を出している分、裏側にはプレスのカエリが出ています。そのままにしておくとサッシを付けた時に浮いてしまいますね。

403

 荒目の耐水ペーパーで、ざっとヤスっておきます。これだけでも完成した時の印象がずいぶん向上するものです。
 似たような形態のキハ22などでも、同じことが言えると思います。

|

« 動力システム完成 | トップページ | 車体の組立に入ります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動力システム完成 | トップページ | 車体の組立に入ります »