« ED78+EF71の調整を行っています | トップページ | エアロスターK登場 »

2013年1月12日 (土)

Nゲージ小田急デニ1300を実感的に!

 16番デニ1300の「配送」看板の原稿用に駅売店で拾ってきた鉄コレのデニ1300ですが、この手の電車を見るとむらむらと意欲が湧いてくる管理人ですから、16番と同様に色の表現にこだわってみました。

1301

 分解してみると、何とブタライトが別パーツなんですね。これはラッキー。マスキングの一番のネックがあっさり解消です。

 ローズピンクで残す部分をマスキングして、GM35 ダークグレイを吹きます。

1302

1303

 乾燥後、「秘伝のタレ」、レッドブラウンをごく薄く溶いたものをエアブラシで吹いて、錆汚れの表現を行い、ベンチレーターなど細部の色差しを面相筆で行ってから艶消しコートを吹きました。この辺の加工は、16番のものと全く同じやり方です。違いといえば、大きさが小さいので、吹き過ぎに注意することでしょうか。

 足回りも同様に錆色表現を行いました。

1304

しっとりと落ち着いた感じになりました。箱の写真のイメージにだいぶ近付いたかなと思います。

1305


 未加工のものとの比較です。完成品中心のNゲージですが、このように小一時間の加工で印象がぐっと向上するものです。

 当然、残りの1両も近々改装します。

|

« ED78+EF71の調整を行っています | トップページ | エアロスターK登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ED78+EF71の調整を行っています | トップページ | エアロスターK登場 »