« 正規寸法の車輪を履かせてみました | トップページ | 次は床板 »

2012年11月28日 (水)

いろいろ悩んで台車完成

 いろいろ調べてみると、このFS14と言う台車、軸距離2300mm、車輪径910mmとのことです。ん?これは103系のモハ車と同じではないか、ということで思い付いたのがMPギア電車用D(DT33用)です。フクシマのFS14は軸距離29mm、このMPは28.5mm、縮尺で28.75mmですから、端数処理の問題と言ったところでしょうか。計算で行くと軸受けの穴を0.25mm大きくすれば嵌るはずです。走行品質のこともありますから、MPギアは出来れば無改造のものを使いたいところです。早速先日のものを取り外して入れ替えます。

 フクシマのFS14は、元々直販限定品でしたし、メーカーが消滅した今となってはまず入手は不可能です。失敗は許されないので、慎重に軸穴を拡大して103系用のMPギアを組み込んでみました。

141

 ボルスターもこれに付属しているMPボルスターEにして、φ11.5車輪の電車の標準仕様にしました。 ジョイントパーツを取り付けて、指でぐりぐり回した時に引っかかり感がなければ0Kです。

142

 1軸あたり0.25mmのずれですから、横から見ても殆ど分かりません。

 ということで、台車はこれをもって決定版とすることにします。取りあえず一件落着ですが、この先も悩みどころが一杯です。

|

« 正規寸法の車輪を履かせてみました | トップページ | 次は床板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正規寸法の車輪を履かせてみました | トップページ | 次は床板 »