« 小田急デニ1300の改修を始めます | トップページ | FS14のMP化改造 »

2012年11月20日 (火)

いよいよ大詰め

 「第一次復興5ヵ年計画」の中心として進行してきたカツミの103系京浜東北もいよいよ大詰めです。

1031

 冷房改造車という設定ですから、乗務員室の仕切も冷房操作盤の取付で中央の窓が埋められた仕様になっています。

1032

 非冷房車として製作しているので、中央の窓をくり抜きます。外から見てもかなり目立つ部分なので省略するわけには行きません。こういった作業が片麻痺になると一番やりづらいのですが、様々な作業を通じて手の動きがだいぶ戻っているので、今は割合サクサクと進みます。

1033

 運転台も塗装しておきます。

 今週末にはこれらの部品を組み込んで、ついに京浜東北線の10両フル編成が完成する見込みです。

|

« 小田急デニ1300の改修を始めます | トップページ | FS14のMP化改造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田急デニ1300の改修を始めます | トップページ | FS14のMP化改造 »