« レイアウトに取り入れたい北海道の小さな駅 | トップページ | 札幌 藻岩山 »

2012年7月 2日 (月)

リニア館

 名古屋に少し前に「リニア・鉄道館」と言うのが出来ました。気にはなっていたのですが、東京や神奈川から名古屋と言うのはいかにも中途半端な距離です。それだけのために出向くのもなんだかなあ、と言う感じがします。新幹線で往復すれば高いし、東海道本線は、熱海~浜松間がほぼ完全にロングシートになって、道中の殆どがロングシートということで、こちらも乗る気になれません。今回、奇抜なプランを考えました。北海道と抱き合わせにするのです。

Taiheiyou

 苫小牧から名古屋を結ぶ太平洋フェリーは、あおなみ線の野跡駅近くに到着します。金城埠頭までは一駅ですから、好都合です。時間はかかりますが、北海道のオマケという位置付けですから、船内でゆっくり寝ることにしました。また、船と言うのは列車と違った独特の揺れ方ですから、脳卒中で平衡感覚をやられた管理人にとっては、平衡感覚を再構築する訓練にもなります。進行中にレストランに行ったり、風呂に入ったり、あるいは外デッキへ出てみたりと、結構歩き回る場面も多いのです。繰り返しの訓練が大事なのですが、だいぶストレスなく歩き回れるようになりました。

Nagoya1

 そのリニア館です。新幹線メインと思われがちですが、在来線車両も大宮の鉄道博物館にない車種が多く、興味深いものがあります。

Nagoya35

 大宮では手薄な一般的なオハ35やスハ43といった客車の展示もあります。これらの車両が現役の頃にきちんと見ていなかったディテールを観察できるのは有難いですが、在来線車両をまるで棚に押し込んだ模型のような感じの展示はどうにかして欲しいですね。わざわざクモヤ90から復元したモハ63など、もったいないような気がしました。
 いずれ、JR西日本もきちんとした博物館を作るそうですが、こちらにはどんなものを揃えるのか、今から楽しみですね。模型ファンにとっては、実物を間近でじっくり観察できるというのは有難いことです。

313_2

 そして、最後は中央線で帰って来ました。中津川~塩尻間のワンマン列車は転換クロス車なんですね。知らなかった・・・。そして中央東線は115系や123系の置き換えも決まったわけで、こちらも殆ど見納め・乗り納めと言う感じになりました。名古屋-東京を中央線で行くことって、普通はないですからね。

 復活5年目と言うことで、健康な人と同じ感覚で初めて行くところでもストレスなく歩けるか、というのが今回のテーマでしたが、まだ100%完全ではありませんが、そんな目標にはかなり近付いていることを実感できた今回の遠出でした。模型作りの参考になりそうな写真などもいろいろありますので、只今整理中です。6日の再開の時には店に持ち込みたいと思います。

|

« レイアウトに取り入れたい北海道の小さな駅 | トップページ | 札幌 藻岩山 »

コメント

JRdriverさま
 コメント有難うございます。今年は倒れてから5年目(半年入院しましたから、仮復旧5周年は11月なのですが)ということで、健康な人と同じ感覚でストレスなく行きたいところへ自由に行かれるか、というのがテーマでした。お陰様で、北海道とリニア館という大胆なプランも無理なくこなせて、だいぶ正常な状態に近づいてきた感があります。この成果は当然仕事をはじめとする日常にフィードバックされるものと思います。
 模型の世界は、メーカーや問屋の都合に合わせた情報操作で、「いじる楽しみ」というのが薄らいで来ている感がありますが、これでは趣味としても長続きしませんね。若い学生さんなども、「いじる模型」に興味がないわけでなく、きっかけがないだけなのです。ここの記事のような感じで、店頭でレクチャーすると、皆さんノッて来ますね。まだ完全ではありませんが、ちょっとひねったそんな観点からのアプローチは続けていきたいと思います。

投稿: さがみ | 2012年7月 8日 (日) 23時55分

 初めまして。いつも興味深く拝読させていただいております。懐かしい客車や気動車、そして103系!念願かなって実物のハンドルを握り今日に至っておりますが、若い頃に買い集めた真鍮キットは放置、リーズナブルなプラ製完成品を眺めるだけになってしまいました。
 病を克服されての模型製作やお出掛けには、本当に敬服いたしております。実は父親がずっとキット製作を続けていて、退職後はこれが唯一の楽しみになっておりました。ところが、近所の模型店が閉店してしまうとのこと、「遠くまで部品を買いに行くのも面倒だし、これでもう終わりだな…」とつぶやいていました。
 作る楽しみを伝える貴店のようなお店が近所だったら…と切実に思います。これからも鉄道模型の真髄をずっと発信し続けて下さい!
 近くにお越しになっておられたことを知り、思わずコメントさせていただきました。突然失礼いたしました。

投稿: JRdriver | 2012年7月 8日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レイアウトに取り入れたい北海道の小さな駅 | トップページ | 札幌 藻岩山 »