« うほっ!これはすごい! | トップページ | レイアウトに取り入れたい北海道の小さな駅 »

2012年6月30日 (土)

遠軽の「かにめし」が・・・

 先日網走へ行った時に、駅の待合室にこんな張り紙があるのを見つけました。

Abashiri

 何かいやな感じがあったので、駅員に何があったのか聞いてみました。何でも、しばらく前に火事を出して、その後何も言って来ないので、もうだめかも、という返事でした。そして、復活するとまずいので、「当分の間」という表現にしてある、とのことでした。

 翌日、石北線を4662D→4626Dで通り抜けることになっていたので、遠軽で様子を見て来ました。

Engaru

 弁当屋さんの建物は復興していましたが、まだ営業はしていない様子でした。駅のキヨスクで聞いたところでは、7月10日から再開するとのことでした。
 石北線で網走から旭川へ抜けるのは、特急が4本、北見からの特別快速と、遠軽で列番が変わる普通列車が各1本です。所要時間が長いので、駅弁は必須アイテムです。

Engaru2

 4662D→4626Dは、石北線を通り抜けることのできる純粋な普通列車としては唯一のものですが、遠軽で弁当を買い損なうと旭川までの4時間弱、食料が手に入りません。取りあえず「かにめし」復活の目途はついたようです。やれやれ・・・。

Tensha

 遠軽はかつて、名寄本線との分岐点で、機関区なども置かれて鉄道の街として栄えました。駅構内にはかつての遠軽機関区の名残の転車台が健在です。「かにめし」も、遠軽が鉄道の要衝だった時代の名残なのでしょう。

|

« うほっ!これはすごい! | トップページ | レイアウトに取り入れたい北海道の小さな駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うほっ!これはすごい! | トップページ | レイアウトに取り入れたい北海道の小さな駅 »