« ED75 | トップページ | 次はキハ26 »

2012年2月 5日 (日)

ED75M型の修繕

 リハビリ病院から退院して最初に製作したED75、当然のことながら故障も頻発して、その都度対応しています。先日も小トラブルが発生して、台車を外しての修繕になりました。脳卒中のリハビリ病院から脱出直後にED75を作るという、かなり無謀なものでしたからトラブルは起きて当然です。

 今回も、修繕で車体を外したところ、プリント基板への配線が取れてしまいました。利き手交換をしないで済んだものの、左手でリード線を持って、右手でコテを操ってハンダ付けというのはかなり難題です。あの細いリード線を掴んでいるという感覚が戻り切っていない時の作業でした。車体のハンダ付けとはまた違った感覚が求められます。

 とりあえず断線した個所も元通りに直して、試運転です。

750

 トラブルの元となっていた台車の修繕も出来て、快調な走りを取り戻しました。この機関車の塗装を全剥離して、更新工事を行うという時が手のリハビリでの「完全復活」なのかもしれません。地道に取り組んで行くしかありません。

751

 正直な話、あっぷあっぷな状態で、何とか形にした、というものだったのですが、以来もう4年近く走っています。

|

« ED75 | トップページ | 次はキハ26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ED75 | トップページ | 次はキハ26 »