« 塗り始めました | トップページ | 逆カント・・・ »

2011年11月 2日 (水)

引き続き塗装です

 気温が高く空気も乾いて、今日も絶好の塗装日和です。細切れの時間をうまく使って、塗装を進めます。昨日の続きで、屋根の塗り分けを行いました。

Nuriwake

 東北地方の交流機では一般的だった、雨どいの内側が全部黒の塗り分けにしました。飾り帯のマスキングを剥がすと俄然雰囲気が出てきます。この後はHゴムへの色入れなどを行います。

 屋上の碍子は、銀メッキされたものが入っています。

Gaishi

 昔の16番完成品は、銀色のままの碍子が屋根に載っていて、実車のイメージとはかけ離れたものになっていました。当然これは白く塗装します。真鍮線に差し込んで作業すると、能率が上がります。完成品では値段の関係などから省略されがちなのですが、細部の色入れをすることで印象が全く変わります。

771_2

 白く塗った碍子を屋根に取り付けました。空気碍管も白く塗っておきます。屋根の艶で碍子の色が反射していますが、あとで艶消し処理をしますので、この段階では無視します。

 個々の部品に色が入ると、俄然リアルになるというのは、プラモデルを作ったことがある方ならばよくご存知だと思います。鉄道模型でも全く同じことが言えるのですが、何故かあまり気にされない部分です。この辺の作業は、あのいい加減な説明書から解き放たれて自由に出来るので、ある意味このキットで一番楽しい部分かもしれません。

|

« 塗り始めました | トップページ | 逆カント・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塗り始めました | トップページ | 逆カント・・・ »