« 引き続き床下機器です | トップページ | 機関車が復活したので、客車の整備の続きです »

2011年8月10日 (水)

ラジエター取り付け方法の検討

 続いてラジエター取り付けの方法を考えます。まずは左右のラジエターパーツを接着します。

R1

 プラモデルの組立みたいですが、ソフトメタルだけにプラモのようにバシッとは決まりません。これを取り付け板を介して床に取り付けるのですが、幅が広すぎて使えなかった片軸用の取付板を使用することにしました。図面に示されている寸法で穴を開けて取り付けます。

R2

 向きがヘンですが、これには意味があります。

 次に、以前東急ハンズで発見した強力ブリキバサミで切断します。

R3

 取付イメージは下のようになるのですが、さてどうやって固定しよう・・・?

R4

 つまり、幅はだめだけれど、高さは活きるので、それを活かそうというわけです。両側の床下機器が付けば、この泥縄式の取付台は目立たなくなるはずです。

 残る燃料タンクなども同様の方法で考えてみます。

|

« 引き続き床下機器です | トップページ | 機関車が復活したので、客車の整備の続きです »

コメント

Satokawa さま
 コメントありがとうございます。確かにそうなのですが、このラジエターだけで4つ、さらに後ろに来る燃料タンクやエアータンクなどの分を考えると結構な数があって、これを正確に床板に開けるとなると結構大変です。燃料タンク側の取付板もスペースの関係で別体二なりますし・・・。床下機器についている図面はCN16用の取り付け板前提で描いてある上に、原寸でなく縮小版なのです。もう少し悩んで、手を抜いてそこそこ見られるようにする方法を考えてみたいと思います。

投稿: さがみ | 2011年8月13日 (土) 12時02分

ご無沙汰しています。
床板(0.8t)側にタッピングビスの頭が貫通する程度の穴(φ2.0くらい?)を開けておけば、取り付け板を半田付けしてから、ラジエターを固定できますね。如何でしようか?

投稿: Satokawa | 2011年8月12日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引き続き床下機器です | トップページ | 機関車が復活したので、客車の整備の続きです »