« 震災以来久々に・・・ | トップページ | 悩みどころいっぱいのキハ17再開 »

2011年7月19日 (火)

デカール貼り

 先週の予報通り、台風「マーゴン」が四国沖まで北上してきました。先週それを見込んで塗装しておいたツム1000、今日はデカール貼りです。ご存じの通り、アダチの貨車キットに付属の標記類は、インレタではなく、デカールです。文字だけでなくベースのフイルムが目立ってしまうという泣きがありますが、インレタと違って転写した後の調整が出来るというメリットもあります。また、インレタでは崩れやすい検査標記などは、デカールの方が扱い勝手ははるかに上だと思います。プラモデルの作例を見ると、ベースのフイルムが分からないくらいに仕上げてあるものがありますから、やり方しだいでそこそこ行けるのでは、ということでキットのデカールを試してみました。

1001

 原寸図に沿って一通り貼ったところです。なるべく小さく切り抜いてから水に15秒程度浸し、軽く動くようになったらスライドさせて転写します。その後綿棒などを使って、気泡や余計な水分を押し出して密着させます。

 大きいものはフイルムが目立ちますが、プラモデルの工作技法などを参考に、台風が過ぎたら、オーバーコートなどで対応してみようと思います。

|

« 震災以来久々に・・・ | トップページ | 悩みどころいっぱいのキハ17再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デカール貼り:

« 震災以来久々に・・・ | トップページ | 悩みどころいっぱいのキハ17再開 »