« 結局床下機器は・・・モハ1改造再開 | トップページ | 引き続き連結器の整備 »

2011年6月 2日 (木)

フジモデル客車の連結器高さの調整は・・・

 先日完成したオハフ33の慣らし運転を行っていますが、中間に連結した車両が線路の凹凸で自然解放するという事象が発生しました。

460

 慣らし運転の列車です。後ろから2両目のオハフ46がその前のスハ43から外れてしまいます。よく見ると連結器の高さがかなり違っています。フジモデルのカプラーベースは、床板からプレスで押し出してあるので、台車を日光モデルで統一しておけば、段差は付かないはずです。

 さらに調べてみるとこういうことでした。

461

 キット状態で見ても、この部分にかなりばらつきがあるのです。床板ということで、そこそこの厚みのある材料でできていますから、疑いもしなかったのですが。

 少々高かったので、ドライバーでこじって高さを下げました。連結器の水平には注意する必要があります。連結器を外したついでに、マニ36で良い結果だった、ケイディー#148に交換しました。

711

 今度は問題ありません。意外と客車もこういった問題が起こります。あと、客車の走行で問題を起こす原因になりやすいのは、エコーの車軸発電機ですね。ルックスは良いのですが、本体がソフトメタルで曲がりやすく、さらにベルトの表現があるので、これが車輪に接触して短絡したりします。機関車をいくらいじっても調子よくならない時は、こういったところも疑ってみる必要があります。

|

« 結局床下機器は・・・モハ1改造再開 | トップページ | 引き続き連結器の整備 »

コメント

きまぐれな臨時列車 さま
 コメント有難うございます。意外と見落としがちな部分だと思います。何しろ、100%コンピューター制御の機械で作るプラ製品とはわけが違いますから。この点については、店にお越しいただいているお客様からも提起がありましたので、注意深く調べてみました。原因がわかればあとはどうと言うことはないですね。震災から復活したED71ともども快調です。

投稿: さがみ | 2011年6月 3日 (金) 00時16分

カプラーの高さがバラバラになる問題は厄介ですね。
ほんのわずかな差でもレールの縦の波うちが車端部分では大きく拡大され
カプラーの上下動で自然解放することがよくあります。

互いに車両を持ち寄る友人と
牽引機と貨客車を交換して運転をすることも多い当方は
量産品で品質の安定しているKATO二軸貨車をハイトゲージの代わりに
カプラーの高さを揃える目安として調整に使っています。

投稿: きまぐれな臨時列車 | 2011年6月 3日 (金) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局床下機器は・・・モハ1改造再開 | トップページ | 引き続き連結器の整備 »