« 形態が見えてきました | トップページ | 車体がほぼ出来ました。 »

2011年4月30日 (土)

スノープロウの調整

 余震も少なくなって、大地震の後片付けもだいぶ進みましたので、途中で止まっていたPFの動力更新の続きを進めます。取りあえず走行できるところまでは来ていましたが、スノープロウがレールに接触するという問題が発生していました。単純にプロウの取り付け位置を調整すれば、と思っていたのですが、実際に調べてみると結構厄介なことがわかりました。

Sp1

 これがスカートから外したスノープロウです。プロウ本体を外してステーへのハンダ付け位置を直せば、と思っていたのですが、実際はこんな構造でした。

Sp2

 何とプロウ本体が2枚構成でした。これでは位置を微調整するのは困難です。走行にも大きく影響しますから、ここは他社製のロストワックスのものを使用することにしました。

Sp3

 ステーは解体した元のものを使用します。新しいプロウを強引にハンダ付けしました。案外すんなり収まりました。

Sp4

 スカートに取り付けてみます。元のステーを活かしたのは、スカートがダイキャスト製で、取り付け部分の改造が困難だったからです。相変わらずぎりぎりという感じですが、プローが当たって車輪が浮くということはなくなりました。あとは取り付け部分の微調整と試運転を行って、問題がなくなれば塗装して仕上げます。

|

« 形態が見えてきました | トップページ | 車体がほぼ出来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 形態が見えてきました | トップページ | 車体がほぼ出来ました。 »