« アンカプラーを設置すると意外と困るのが・・・ | トップページ | 何となく模型にしたくなるような小さな田舎の駅 »

2011年3月 7日 (月)

EF57叩き直しの検討

 店レイアウトにアンカプラーが設置されて、自動開放のデモが出来るようになりました。レイアウトにいるEF57もようやく出番が回ってきたので、そろそろ整備しないと、と言う感じです。バブルの頃に入手して以来、専らディスプレイ用という感じで、あまり走らせていませんでした。走行させると、モーターのせいなのか異常に速度が出ません。モーターを載せ換えようかと思っているのですが・・・。EF13よりのろいのですから。

T57

 もう20年以上前に出た分ですので、晩年の仕様ながら電暖ジャンパ栓がないとか、屋上のモニターが黒でないとか、いくつか不満な部分もあります。

 モーター取替えついでに、大げさな作業にならない範囲で手を加えようかと検討中です。改めて実物の写真を眺めてみると、例えば屋上のモニターが茶色か黒かで全体の印象が結構違ってきます。

571

 細かいところでは、尾灯もモデルでは茶色ですが、実車は黒だったりします。

572

 まあ、最近の製品ならばこういう部分も抜け目なく再現されているわけですが、昔はそこまで細かいことは気にされませんでした。全体のプロポーションは悪くないので、ちょっと手を加えれば好感度が大幅にアップしそうです。

 エンドビームの電気暖房ジャンパ栓は、これの次のロットから付くようになったのですが、やはり目立ちますね。

573

 やはりEF57は、パンタを振りかざして突き進んで来る、と言う印象ですから、それを是非再現したいところです。

|

« アンカプラーを設置すると意外と困るのが・・・ | トップページ | 何となく模型にしたくなるような小さな田舎の駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンカプラーを設置すると意外と困るのが・・・ | トップページ | 何となく模型にしたくなるような小さな田舎の駅 »