« EF64試運転 その2 | トップページ | モリヤの103系再開 »

2009年4月26日 (日)

パンタの手直し

 ストックのPS17、標準タイプしかなかったのですが、このグループは新造時から軽量ホーンだったようですので、PS21の部品と入れ換えました。

641

 外した原型タイプのものはPS21に取り付けてPS16にして、山手線の103系に使用することにします。これでばっちり無駄が出ないですみます。

64p

 これだけでずいぶん印象が変わります。

|

« EF64試運転 その2 | トップページ | モリヤの103系再開 »

コメント

Visiccitude〈鉄重) さま

 コメント有難うございます。今は最後の手直し中です。カツミのキットの組みやすさもありますが、だいぶ左手の動きが回復してきて、作業がはかどるようになって来ました。作業療法科で言われた通り、模型作りというのは手の機能回復に絶大な効果があるようです。
 EF64の列車、一度しか乗ったことがないのですが、それが板谷峠を越えるキハ80系の「つばさ」だったんですね。前期形や初期形も出せば売れるんですけれどね。カツミさんに期待したいと思います。

投稿: さがみ | 2009年4月29日 (水) 18時50分

ご無沙汰しております。

しばらく拝見しない間に、EF64が完成し試運転まで終わっていたので、驚きました。この機関車は、確か、交流化される前の板谷峠で短期間でしたが走っていた記憶があります。峠の勇者らしい重量感が伝わってきますね。完成おめでとうございます。

投稿: Visiccitude〈鉄重) | 2009年4月29日 (水) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンタの手直し:

« EF64試運転 その2 | トップページ | モリヤの103系再開 »