« 消耗工具の話 | トップページ | パンタ搭載 »

2009年4月21日 (火)

ナンバー取り付け

 引き続き細部の調整を行っていますが、作業台の隅にED75で使用したTOMIXのメタルインレタの残りがあるのに気が付きました。使いかけの切れ端なので、全部まかないきれないのですが、時間がかかる作業なので、出来るところまでやりました。ED75用にも何故か「EF」や「DD」とかも入っていますし、数字もたくさん付いているので、国鉄型の機関車に汎用で使用できます。

 キットに入っているナンバーはプレート状のものですが、このタイプは最後の4両(76~79号機)のみですので、TOMIXのものを使用することにしました。

64no +

 これがキットに入っているものです。カツミの標準仕様です。区名札もブランクのものを探して、くろま屋の白文字で「篠」の文字を入れたいところですね。EF65などでも同様の構成ですから、キットを組むのであれば是非とも切り抜き文字にしたいところです。

 このあたりは、完成品で売った時に、簡単にナンバーをつけてもらえるようにというメーカーの配慮なのでしょう。考え方として、間違っているとはいえませんね。

 

Mprate

 メーカープレート類もED75同様、TOMIXのものの方が文字がシャープなので、これを使いました。EF66用のものですが、同じ内容のものが入っていますので使えます。

643

 微調整はこれからですが、取りあえずの貼り付けイメージです。この他のレタリング類は、今週末の試運転の時になります。

641_3

 パンタを載せるとぐっと完成に近づいた感じになりそうです。

|

« 消耗工具の話 | トップページ | パンタ搭載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバー取り付け:

« 消耗工具の話 | トップページ | パンタ搭載 »