« ナンバー取り付け | トップページ | RM MODELSの広告を見ていたら・・・ »

2009年4月22日 (水)

パンタ搭載

 EF64、パンタグラフを載せました。パンタ台は碍子と屋根の間に挟んでネジで締めることになっていますが、紛失しやすいので、予め屋根に接着しておくと良さそうです。

Pdai

 接着できたら、プラモデルの細部塗装よろしく、面相筆でプライマー、そしてねずみ色を塗っておきます。次にパンタをネジ止めします。

6411 

 手持ちのPS17、原型ホーンのものしかなかったのですが、このグループだと、最初からパイプホーンだったと思うので、後で摺り板の部分を取り替えようと思います。

 小物部品やタッチアップがまだ少し残っていますが、パンタが載ると一気に完成が近づいたように思います。

|

« ナンバー取り付け | トップページ | RM MODELSの広告を見ていたら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンタ搭載:

« ナンバー取り付け | トップページ | RM MODELSの広告を見ていたら・・・ »