« オユ10 改修工事 | トップページ | 消耗工具の話 »

2009年4月18日 (土)

GWも近付いて・・・

 GWが近付いてきました。今年は昨年に比べればいくらか身体の動きなども改善しているので、この期間は営業日を拡大しようと考えています。今日はGWを意識した地元向けの広告を考えていたのですが、広告の写真と言うのが案外難しいですね。どこにでも売っている製品の写真ではインパクトが弱いですし、見ていただいた方にワクワクしてもらいにくいものです。

 そうかと言って、レイアウトにいるのは地味な旧型客車などで華がありません。結局はこれになってしまいます。

Sse1

 地元小田急の名車ですし、ロマンスカーと言えばやはりこの色!と言う方が多いですし。近々カツミから完成品の再販も予定されていますから、役者としてはもってこいでしょう。

 しばらく車庫線に押し込まれっ放しだったのですが、久々に走行しました。

Sse2

 MIKIのキットを組んだものですが、パワトラ2台の仕様をMPギア化して前後2台車ずつを動力台車にしてあります。線路と車輪がきれいであれば、いつでも気持ちよく走ってくれるのがMPギアの良さですね。

 このSSE、割合重量があるので、当初からパワトラ4台にしてあったのですが、修善寺の花月園さんで走らせたところ、そのうちの3台の車軸ギアがすっぽ抜けてしまいました。耐久性に問題ありということで、床板を新製してMP化したのですが、今度は連接部分の処理に難儀しました。結局エンドウの江ノ電2000型の構造を参考にして編成全体に引通しを行いました。塗装も1回塗った後、気に入らないので全車剥離して塗り直しましたし、取りあえず見られるようになるまで10年近い時間がかかってしまったものですが、こうした問題を一つずつ潰していくことで、満足度の高い模型が出来上がっていきます。

 ロマンスカー1本作るのに10年かかると言うくらい、本来模型と言うのは息の長い趣味だったはずと思います。そして、出来上がったロマンスカーはその後何十年も走ってくれるわけですから。

 GW営業スケジュールが確定しましたら、またこちらでお知らせしたいと思います。

|

« オユ10 改修工事 | トップページ | 消耗工具の話 »

コメント

管理人殿
 そうですね 店長が道楽で模型を作ってはいませよね、失礼しました。「販促ツール」も兼ねてですね。
 地元向けの広告のSSEの選択は 最適であると思います。ロマンスカーのデザインを当時秦野在住の画家、宮永岳彦氏が担当し、オレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンに白帯を配したものが採用されており、秦野には、縁深い車両ですからね。

投稿: | 2009年4月19日 (日) 12時42分

コメント有難うございます。
こうした改修は、出来るだけいつでも手に入る部品を使用するようにしています。店レイアウトに常駐しているので、実際に部品の使用事例として見ていただこうと言うわけで、このSSEはある意味、「販促ツール」でもあるのです。
SSEは、「あさぎり」号が国鉄の急行料金の関係で号車指定制の自由席(定員制)、小田急線内の特急は座席指定でした。管理人は大学時代、これに乗って通学していました。線路がいっぱいの糞詰まり状態で、颯爽と飛ばす区間は少なかったですが、独特の低い座席ポジション、連接車特有のリズミカルなジョイント音、国鉄との共同開発だけに、小田急離れした国鉄初期新性能車風のモーターの音などが印象に残っています。

投稿: さがみ | 2009年4月19日 (日) 11時22分

管理人殿
管理人殿の仰るとおり、”模型と言うのは息の長い趣味”であると同時に、何年掛けても飽きず逆にのめり込む世界ですね。管理人殿は、市場に有る部品で仕上げる、手直しをすると言う手法でしょうか、自分の場合、市場に無い部品・機構(軸箱駆動等)は作る(セミスクラッチ?)で一つの車両(機関車)を改修(改悪かも?)する事で楽しんでおります。このSSEって、確か自由席だっだんですよね?

投稿: | 2009年4月19日 (日) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GWも近付いて・・・:

« オユ10 改修工事 | トップページ | 消耗工具の話 »