« マニ36から始まるちょっといい話 | トップページ | sorosoro »

2009年3月16日 (月)

中間台車の構造補足

 他の形式のF型電機を製作しているお客様から、このEF64の台車スライド機構についてのお尋ねがありました。EF65などは台車の間に床下機器がありませんから特に問題はないのですが、EF64は台車間にエアタンクがありますし、EF71では大きな機器がぶら下がっています。カーブやポイントで相互に干渉して脱線したりする可能性があります。

 16番のブラスキットのF型電機、キットで追いかけてみればこれまでに殆どの形式が出ていると言っても過言ではありません。製作に時間がかかりますから、10年も20年もたってから引っ張り出して製作を始めるということも良くあります。今回のお尋ねは奄美屋のEF71の中間台車です。中間台車は横に動くだけでよく、回転すると周りの機器類に接触することもあります。何とか横動だけにしたい、というものです。

 件のEF64、中間台車を外してみるとこうなっています。

Daisha1

 ボルスターが普通のとちょっと違った形になっています。前後の部分が上に向いています。

Daisha2

 床板側はやや厚みのある板で出来たガイドがあります。ここにはまり込むので横には動きますが回転はしないと言うわけです。他社製品でもこれなら簡単に同じような仕組みに出来そうです。

 さて、この64もこの後一旦ネジ止めパーツを全部取り付けて、組上がりを見てみます。OKになればいよいよ塗装になります。

|

« マニ36から始まるちょっといい話 | トップページ | sorosoro »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中間台車の構造補足:

« マニ36から始まるちょっといい話 | トップページ | sorosoro »