« 先ずは床板の準備から | トップページ | 車体の組立開始 »

2009年2月17日 (火)

スカートの組立

 車体本体の組立はそろそろ大詰めに近づきつつある感じですが、今日はスカートの組立です。ここにも注意を要するポイントがあります。

Sk1

 まずはスカート本体とベース板のハンダ付けですが、ここが曲がっていると床に取り付けたときにスカートが傾きますので、平になるように注意します。カプラーの取り付け台も運転に影響する部分ですから図面を良く見て正確に取り付けるようにします。

 基本の形が出来たら、表面にディテールパーツを取り付けます。総括重連を行う機関車ですから、エアホースやジャンパ連結栓などがたくさんあって賑やかです。原寸図を見るとエアホースの部品番号が2つありますが、これは根元に台座があるかどうかの違いですので、よく見て間違いないようにします。

 まだ作業途中ですが、ここも見せ場になる箇所だけに丁寧な作業が求められます。昔のカツミ初代EF64とは大違いですね。

|

« 先ずは床板の準備から | トップページ | 車体の組立開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカートの組立:

« 先ずは床板の準備から | トップページ | 車体の組立開始 »