« くろま屋インレタを試してみました | トップページ | 引き続き車体の組み立て »

2009年2月 2日 (月)

都電9002号車営業開始

 1月31日から営業を開始した9002号車、ここしばらくは平日も時間を固定した運用があります。さっそくどんなものか見てきました。

9002125

 車体の下半分がエンジ色から紺色に変わったのが最大の違いです。

900225

 あと、よく見ると9001号のアンチクライマーにあった「宝くじ号」の標記がありませんね。走るとE231系近郊タイプのような甲高い音がします。昔の直接制御の6000形などでは、床下にあるのは抵抗器、空気だめ、コンプレッサー、ブレーキシリンダーくらいで床下はスカスカでしたが、この電車はVVVF制御ですので、床下は機器でぎっしりです。この後登場の8800形は、この足回りに現代的なデザインの車体を載せたものになるのでしょう。

|

« くろま屋インレタを試してみました | トップページ | 引き続き車体の組み立て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都電9002号車営業開始:

« くろま屋インレタを試してみました | トップページ | 引き続き車体の組み立て »