« 貫通扉の取り付け | トップページ | 店レイアウトのポイントを交換しました »

2009年1月15日 (木)

室内灯の準備

 オハフ61の室内灯を準備しました。今回は白熱灯照明の車をイメージすることにしましたから、照明ユニットに小細工します。

Unit

 使用するのは、エンドウの「ユニットライト室内灯B」、白色LEDのものです。そのまま使えば蛍光灯風の白い照明になりますが、白熱灯風にするにはこんな風にします。

Orange

 クリアーオレンジの塗料を用意して、

Led

 LED本体に塗るだけです。カトーのNゲージの白色室内灯にはオレンジ色のフィルターが付いていて、これで電球色を再現するようになっていますが、あれと同じ理屈です。

 電球の照明ユニットを使えば良いと思われるかもしれませんが、LEDのものは速度による明るさの変動が電球より少なく、低速から明るく光りますし、消費電流もはるかに少ないですから、編成が長くなってもパワーパックへの負担が少なくてすみます。

 簡単に蛍光灯と白熱灯の光が再現できるわけで、客車だけでなく、一般型気動車などにも応用できるかと思います。

|

« 貫通扉の取り付け | トップページ | 店レイアウトのポイントを交換しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室内灯の準備:

« 貫通扉の取り付け | トップページ | 店レイアウトのポイントを交換しました »