« 再度モーター交換 | トップページ | アングルの取り付け »

2009年1月27日 (火)

エアフィルターの取り付け

 EF64の作業を再開します。前回はエアフィルターの裏板の取り付けで終わっていますから、今回はエアフィルターの取り付けです。

 車体の表面からはめ込んで、裏板の丸穴からハンダ付けします。文字で書くと簡単そうですが、全体のプロポーションに大きく影響する部分ですから、じっくりと時間をかけて作業します。

64f1

 最初に表から見て、フィルターの入る部分に染み出しているハンダを除去します。これをやらないとフィルターが平にならず見苦しくなってしまいます。

64f2

 次にフィルターを外側から所定の位置にテープで仮止めし、裏の穴からハンダ付けします。フィルターはエッチング加工ですから、どうしてもハンダを引っ張って来がちですが、まずここは平に付けることに専念します。

64f3

 この位の染み出しなら、キサゲ刷毛でちょっとこすればすぐにきれいになります。左側がハンダ付け直後、右はキサゲ刷毛でざっと磨いた状態です。12枚全部付いたら余分なハンダを落としながら、浮いたり傾いたりしていないかチェックし、問題があればこの時点で直しておきます。

64f5

 全部取り付けて、キサゲ刷毛をかけたところです。時間をかけて作業しただけにフィルターもきれいに揃った形で付きました。プラ製品のように車体に一体でモールドされているわけではないので、基本のプロポーションを作るまでにも結構手間がかかりますが、見所になる部分がびしっと決まるとやはり気分が良いものです。大きなフィルターが並んで、いよいよロクヨンらしくなってきました。

|

« 再度モーター交換 | トップページ | アングルの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアフィルターの取り付け:

« 再度モーター交換 | トップページ | アングルの取り付け »