« レイアウトのメンテナンスをやりながら・・・ | トップページ | 「アルプス」試運転、そして軽工作でより実感的に »

2008年10月23日 (木)

変わり行く東京駅八重洲口

 東京駅のリニューアルが進んでいます。丸の内駅舎の復原に注目が集まりますが、所謂「裏駅」である八重洲口もがらりと印象が変わることになっています。既に大丸デパートも新しい建物に移転し、1954年建設の鉄道会館も解体が始まりました。

Yaesu

 その東京駅でこんな張り紙が・・・。

Nagara

 次のダイヤ改正で臨時格下げになるといわれていますが、よっぽど止めたくてしょうがないんですね。上りの到着時刻をいじって東北方面の一番列車に連絡しないようにしたり、指定席区間を拡大したり、下り列車の1日目の区間を長くしたりと、乗客を追い出すのに必死になっているようです。

 東北縦貫線が出来れば、田町の車両基地もなくなって、もう東京駅発着の夜行列車も運転できなくなるでしょう。その東北縦貫線関連、秋葉原の貨物駅跡の電留線も殆ど線路がはがされて、目に見える形で工事が進行しています。東京駅のリニューアル完成の暁には、列車の運行形態もがらりと変わってしまいそうです。

|

« レイアウトのメンテナンスをやりながら・・・ | トップページ | 「アルプス」試運転、そして軽工作でより実感的に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わり行く東京駅八重洲口:

« レイアウトのメンテナンスをやりながら・・・ | トップページ | 「アルプス」試運転、そして軽工作でより実感的に »