« 変わり行く南千住の風景 | トップページ | 蒸気暖房管のパーツ »

2008年7月30日 (水)

初物パーツの取り付け

 引き続きオユ10が進行しています。今回、「16番客車専門」という「工房ひろ」製品を扱うことにしましたが、まずはこちらで試してみることにして、オユ10で何点か使用することにしました。既に完全にたたんだ状態のホロを取り付けてありましたが、今日は軽量客車用のホロ吊りをつけてみました。

101

 ロストワックスのパーツということでハンダ付けが出来るのもメリットの一つですが、こうしたパーツ類は各メーカーによって独特のクセがあったりします。

102

 軽量用のものは、バネ部分が露出していて、通常のものとはかなり趣が違います。取りあえずつけてみましたが、完全にたたまれた状態のホロと合わせてなかなかいい感じです。ややお値段は張るのですが、目に付くところにうまく使ってやると効果的だと思います。果たして塗装するとどんな感じになるのでしょうか。

|

« 変わり行く南千住の風景 | トップページ | 蒸気暖房管のパーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初物パーツの取り付け:

« 変わり行く南千住の風景 | トップページ | 蒸気暖房管のパーツ »