« プラットホームをいじってみました | トップページ | スハ40塗装完了 »

2008年5月 5日 (月)

表紙の写真を差し替えました・・・ゴールデンウィークの山手線

 表紙の写真を差し替えてみました。以前にもちらっとご紹介したものですが、ちょうど今の時期に撮影したものです。

651025

 今から33年前、1975年のGWの風景です。今は湘南新宿ラインが行き交う山手貨物線ですが、当時は武蔵野線の開通でだいぶ減ってきてはいたものの、まだまだ多数の貨物列車が運転されていました。

 今や晩年を迎えたEF65-1000は当時の最新鋭機で、後に昔ながらの黒貨車を多数従えて山手貨物線を走っていました。この季節になるとかなり気温も高くなりますが、後ろを行く山手線はまだ全車が非冷房、窓を開けて爽やかな春の風を入れて走っていました。今の山手線は春から秋まで冷房が入っていますね。

 当時はゴールデンウィークといっても遠出が出来るわけでもなく、この時は近場の山手貨物線で機関車の写真を撮っていたわけですが、フイルムにしても現像代にしても中学生の小遣いではかなりの負担だったのは確かです。今のデジカメのように失敗したらすぐに消して、と言うわけにも行きませんでしたし。しかし、こうして時を経て改めて眺めてみると結構興味深いものがあります。貨物線の線路もまだ木の枕木、ロングレールなどお呼びでないと言う感じでした。

 当時撮影したものをもう何枚か・・・。

15186

 これはこの頃掃いて捨てるほど走っていたEF15ですが、最後期のタイプでナンバーが新型電機のような切抜き文字になっているグループ。デッキ付きの車体にはあまり似合っていない感じでした。短い編成の列車ですが、無蓋車やタンク車等いろいろな貨車がつながっていて模型向きと言う感じです。

Ef1030

 こちらはEF10。EF10には様々なバリエーションが存在しましたが、その殆どをここで見ることが出来ました。写真では分かりづらいですが、30号機は鋳鋼主台車枠を持つ変形機の1両です。機関車の次は角ばった屋根からしてヨ6000ですね。カトーのNゲージで出ている窓が3つの車掌車です。

Ef13 

 こちらはEF13。EF58の旧ボディーを使用していますから、一見EF15の初期型に見えるのですが、正面デッキ下の台車枠の形状が「へ」の字型なので遠くからでも判別できました。東北線方面から中里トンネルを抜けて新宿方面へ向かう貨物列車です。今はこのトンネルも電車で通れますが、昔は貨物専用だったので、どんなものなのか、とても気になっていたものです。

60500_2

 そしてこちらは、EF60-500の晩年の姿。最後はこのように一般色になり、スカートにあったカニ22のパンタ下げ用のジャンパ栓も撤去されて一般型と変わらなくなっていました。この機関車は去年カツミから再販されましたね。

 国鉄物はありふれすぎていたこともあって、まともに撮影しているものが少ないのですが、今の所謂「走るんです」系の電車などは新陳代謝が激しいので、うかうかしているとまったく記録をとらないうちに消えてしまうものも出てきそうです。103系ですら、本来の山手線で活躍している時の写真はまともに撮っていませんでしたから、今になって103系を作ろうとして資料探しにおおわらわという感じになっています。さりげなく撮っておくというのが案外大事なんだな、と改めて思います。今はデジカメがありますから、無駄な写真を撮っても余計なお金はかかりませんから、お休みで手すきの時間があるようでしたら、ぶらりと線路脇に出かけてみるのも良いかもしれません。

|

« プラットホームをいじってみました | トップページ | スハ40塗装完了 »

コメント

40手前の一読者さま
 コメント有難うございます。この地区は、少し北の王子駅付近に行けば東北・上信越線の列車が合流して、あの当時、1箇所で見られる列車の種類は恐らく日本一だったと思います。
 その後、東北・上越新幹線の開通で東北線の線路はさびしくなり、貨物も拠点間輸送に変わって田端の操車場も廃止され、さらには車扱からコンテナへの転換もあって貨物列車もすっかり様子が変わってしまいました。あの頃は京浜東北線の横で、1つ目小僧のDD13がハンプへの貨車の押し上げなどをやって忙しく働いていたことなどを思い出します。
 何より国鉄が解体されて民営会社になるなど、当時はまったく想像も出来なかったことです。そのせいか、特に客・貨車などはほとんどきちんと撮影していなかったのです。国電の103系はかろうじて常磐線に残ったもので形式写真を撮ることが出来ましたが、やはり全盛期のものは皆無なんですね。

投稿: さがみ | 2008年5月 6日 (火) 13時18分

管理人様
懐かしい写真ですね。私、小学生時代でありまして、当時は京浜東北線の103系の開いた車窓から田端操車場(新幹線基地のあたり)の全貌が見えて、茶色の機関車がうじゃうじゃと停泊していたのを覚えています。
確かに当時、わざわざEF15(や13や10)や103系などを撮ろうとは思わず、わずかに撮った写真の片隅に、ということが多いようです。今想えばもったいないことですよね…
管理人様のお写真、また楽しみにしております。

投稿: 40手前の一読者 | 2008年5月 6日 (火) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表紙の写真を差し替えました・・・ゴールデンウィークの山手線:

« プラットホームをいじってみました | トップページ | スハ40塗装完了 »