« 【カツミのED75】重連用ジャンパの細工 | トップページ | スハ33の製作 »

2008年3月 2日 (日)

【カツミのED75】牽引テスト

 昨日に続いて今日は客車を連結しての試運転です。ウエイトがたっぷり積んでありますので、ブラスの客車を軽々と引いてスムーズな走りを見せてくれました。

7501

 やはり本線の機関車ですから長編成の列車を引いて颯爽と走って欲しいものです。このあたり、走行を重視するカツミならではの良さが感じられます。今週はこの後少し走り込ませて慣らしをしようと思います。

7502

|

« 【カツミのED75】重連用ジャンパの細工 | トップページ | スハ33の製作 »

コメント

visiccitude さま
 退院おめでとうございます。そして、コメントありがとうございます。私も去年は脳出血で半年間も入院する羽目になってしまい、歩くことはもとより、左手も使えなくなってとんでもないことになってしまったのですが、リハビリの結果、杖をつかずに歩き回れるようになり、麻痺した左手もだいぶ動くようになって、ED75も何とかまとめることが出来ました。ED75が作業療法の続きみたいな感じになったようで、手の動きは退院直後に比べてもだいぶ改善している気がします。

 健康のありがたさは入院してはじめて痛感するものですが、まずは無理をなさらずゆっくりと療養して下さい。

投稿: さがみ | 2008年3月 8日 (土) 20時15分

ED75完成おめでとうございます。また先日は拙ブログへご丁寧なコメントを頂きありがとうございました。リハビリを兼ねた模型作業とは全く存ぜず、その手際の良さに大変驚きました。

会津線(現 只見線)や磐越西線で蒸気がまだ現役で活躍していた当時、ED75/ED71は東北線を走る最新鋭機として憧れの存在でした。さがみ様の記事を拝見し、昔の故郷の記憶が懐かしく蘇って参りました。

私の病気は、腫瘍のある消化器を全摘出するという処置で対応致しました。最初は、消化器1つ無くとも、と高をくくっておりましたが、何よりも健康が一番であることを、この半月の入院生活で痛感致しました。今後の記事も楽しみにしておりますので、さがみ様もくれぐれもご自愛下さいますようお願い申し上げます。

再度、突然のコメントの記載お許し下さい。

投稿: visiccitude | 2008年3月 8日 (土) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】牽引テスト:

« 【カツミのED75】重連用ジャンパの細工 | トップページ | スハ33の製作 »