« 【カツミのED75】ついに走る! | トップページ | 青函トンネル20周年 »

2008年2月13日 (水)

客車鈍行が走っていた頃・・・

 国鉄の分割・民営化から早20年が経過して、いよいよJRから国鉄型車両が一掃される日も近づいてきたようです。この春のダイヤ改正ではブルートレインのさらなる削減が計画されていて、いよいよ「客車列車」というジャンルも風前の灯という感じになってきました。

 古いネガを整理していたら、分割・民営化後まもない1980年代終わり頃の写真が出てきました。分割・民営化後日が浅いために、そこかしこに国鉄時代の面影が感じられます。

 東北地区では電化後も長らく、幹線の普通列車には旧型客車が使われていました。その後、70年代の終わりごろには仙台地区に50系が投入され始めましたが、全部を置き換えるには至らず、旧型客車が東北本線から姿を消したのは1985年3月のダイヤ改正で、一ノ関までの区間の普通列車が電車化された時でした。その後も一ノ関以北では50系または12系2000番台による客車列車が運転されていました。

 今改めて当時の風景を見ると、ここ十数年の間に列車も駅もすっかり様子が変わってしまったことに驚かされます。

12kei2000

 これは主に盛岡~青森間で運用された12系2000番台です。冷房の電源は機関車から取るようになっているので、ディーゼル発電機は設置されておらず、緩急車はすべてオハフ13になっています。緩急車が逆向きについているのは、途中駅での集札の便を考慮したもので、このように連結面側にも尾灯が追設されていました。切妻の妻面に尾灯がついていて、オリジナルの車掌室側よりも客車らしく見えたものです。この車両はまた、この地域では初の普通列車の冷房車でもありました。

 この写真のように、始発駅では早々に客車が入線し、やがて発車時間が近づくと機関車が連結されて・・・というシーンも今は思い出になってしまいました。

Ed7550kei

 一方、こちらは奥羽本線弘前駅に停車中の50系です。長距離を運転する列車では主な駅で15分から30分程度停車するものも多く、その間に立ち食いそばを食べたり、立ち売りから駅弁を買ったりすることも出来ました。今では駅弁もキオスクやニューデイズで買うものになってしまいましたね。

50kei2

 駅の構内に目を向ければ、主要駅にはラッシュ時間帯に増結する車両がたくさん昼寝をしているというのも良く見かけたシーンでした。1984年の貨物輸送の大転換前まではさらにこれに多数の貨車が加わって、このクラスの駅構内はかなり賑やかだったものです。

管理人が初めて50系に乗ったのは羽越本線でした。同時期に製造されていた40系気動車と似たような室内で、天井も低く、客車らしくないなと思ったものですが、これでやっと東北地区も近代化されるんだな、という感じも持ちました。しかし、その近代化のエースも、分割民営化に伴う方針の転換で僅か10年ちょっとで姿を消すことになりました。

 気動車もどきのスタイルでしたが、やはりこのまったりとした時間が流れるのはやっぱり客車だったからなんだなと思います。そして、今このみちのくの美しい風景を眺めながら鈍行の旅をしようとすれば、701系の通勤電車に乗るしかないのです。特急に乗るか、ロングシートの通勤電車に乗るか、どちらかを選べ、と言う発想は、東京の私鉄と全く同じ感覚です。JRも民間会社だから当たり前、と言われればそれまでですが、地方都市向けのきめ細かい配慮があっても良いのではないかな?とも思います。

50kei

|

« 【カツミのED75】ついに走る! | トップページ | 青函トンネル20周年 »

コメント

40手前の一読者 さま

コメント有難うございます。やはり客車列車の旅は、たとえそれが50系や12系だったとしても列車の旅の原点という感じを残していたように思います。
 私の学生時代は、まだ旧型客車が主力で活躍していましたから、今回のED75にあわせてもう一本列車が組成できるように旧型客車を増やそうと思っています。フジモデルからかなりいろいろな車種が出ていますから、これらと各種パーツの組み合わせで完成品には無い、さまざまなバリエーションを作って、あの当時のバラエティーに富んだ普通列車を再現したいと思います。
 件のED75、配線の間違いも直って、最終組み立ての途中です。組み立て終えて机の上の試運転がOKになったらういよいよ店レイアウトでの走行試験になります。
 今は、特にNゲージでは完成品を買うことだけで終わっている感じになっているのですが、模型の楽しみ方を広げていただくための提案という意味でも、もう少しこの線での話を続けていこうと思います。そういう意味では、本日の記事の新潟交通電車線の色の話なども同じ切り口なのです。

投稿: さがみ | 2008年2月17日 (日) 02時34分

管理人様
ED75の完成おめでとうございます。
退院後初の作品ですし、ED71とともにさがみさんの両雄?となって
活躍することでしょうね!
ところで今回のJR化間もない頃の東北の写真、大変懐かしくて書き込みしました。
私の学生時代、周遊券を使っての初の東北旅行が、まさにこのときでした。
上野から急行八甲田に揺られて、12時間後に青森に降り立ったときには感激もの
でしたよ。その後旧型客車には出会えなかったものの50系や12系客車に揺られて
(貫通路ごしにED75や奥羽線の700番台を見たり)東北を縦横無尽に旅して
回りました。時間だけは有りましたからね…

管理人様の模型からはそれを眺めるだけで風景が広がり、音や匂いがよみがえる
そんな気がいたしました。

では長々と失礼いたしました。どうぞお体のほうもご自愛ください。

投稿: 40手前の一読者 | 2008年2月16日 (土) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客車鈍行が走っていた頃・・・:

« 【カツミのED75】ついに走る! | トップページ | 青函トンネル20周年 »