« 南部縦貫鉄道の思い出 | トップページ | 【カツミのED75】ナンバーを入れました »

2008年2月18日 (月)

【カツミのED75】その後のED75

 しばらく姿を見せていなかったED75ですが、その後も少しずつ作業が進んでいます。前回は走行テストまで行きましたが、その後新たに走行関係に問題が発生しました。車体をかぶせる作業をしていると駆動軸のジョイントがすぐ外れてしまうのです。原因は簡単で、ジョイントを連結する伸縮軸を短く切りすぎただけなのですが、長すぎると今度は台車の動きを妨げることになります。この機関車は胴が短いので、モーターとギアボックスの間が短く、従って伸縮軸の長さ調整もシビアなものになってきます。

 伸縮軸を少し長いものに取り替えて再び車体を組み立ててみました。開放テコやナンバーなどはこれからですが、だいぶ完成に近い姿になってきました。

7501

 引き続き細部の調整を行いながら、残りの部品を取り付けます。完成を急ぎたくなる場面ですが、焦りは禁物です。

|

« 南部縦貫鉄道の思い出 | トップページ | 【カツミのED75】ナンバーを入れました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】その後のED75:

« 南部縦貫鉄道の思い出 | トップページ | 【カツミのED75】ナンバーを入れました »