« こいつもついでに・・・ | トップページ | 【カツミのED75】取りあえず・・・完成です!! »

2008年2月26日 (火)

【カツミのED75】連結器を取り付けました。

 見苦しい部分を直しながら、最後の組み立てが進んでいます。今日は連結器を取り付けました。ケイディーを使用する場合はNO.5が指定になっています。

7563

 この機関車は胴が短いので、スカートの内側にもいろいろな部品がついています。連結器も順番を考えてやらないと取り付けることが出来ず、このあたりのネジ止め部品を一旦全部外す羽目になります。エアホースやジャンパ栓などが連結器の首振りに支障しないように調整します。昔の製品であれば大したディテールも無かったので、単純にネジで締めれば終わりだったのですが、現代レベルのものの場合、そうは行きません。

 あと残る部品はワイパーとエンドプレートのみになりました。 3ヶ月あまりに亘って作業してきましたが、作業内容をもう一度整理する意味で、説明書に示された手順を紹介しておきます。

Torisetsu1

Torisetsu2 

 文章で書くとこうなるわけです。他に原寸の完成図面や図面では分かりにくい部分の参考写真もついています。

Zumen

 Nゲージのエッチングキットなどでは、こうした完成図面が無いものも多いのですが、この手の金属キットでは、正確な取り付け位置が分かりにくい部品もよくあるので、原寸の図面はぜひ付けて欲しいものです。

|

« こいつもついでに・・・ | トップページ | 【カツミのED75】取りあえず・・・完成です!! »

コメント

saimonさま
 珊瑚の説明書はすばらしいと思います。図もきれいだし、印刷もきれいですが、プラ製品と比べて生産数がぐっと少ないブラスキットの場合、あそこまでやるのは至難の技のようにも思えます。

投稿: さがみ | 2008年3月17日 (月) 22時51分

さがみ様、げんた様、同感です。
タミヤの説明書は見やすかったですね。4社合同企画の
「ウオータラインシリーズ」でも、説明書はタミヤの様式
が採用されました。
ある誌上で、カツミの社長さんが珊瑚の説明書をほめて
おられました。珊瑚の説明書はまだ見たことはありません
が、このカツミの説明書も手順が書かれて丁寧ですね。

投稿: saimon | 2008年3月 1日 (土) 16時35分

げんたさま
 コメント有難うございます。まったくそうですね。この75のものなんかも、鉄道模型のものとしてはかなりマシな方ですが、タミヤのプラモの美しい説明書と比べるとまだまだ不親切です。作るのは大変ですが、アダチの貨車キットの説明書はわかりやすいですね。原寸図もついていますから、使いやすいと思います。

 最近はインターネットが普及しているので、例えばフクシマ模型のように、ネットで写真入で解説するというのも良いかもしれません。同じカツミでも、キット初心者が買いそうな103系などはメーカーHPに製作記事が出ていました。
 説明書に関して言えば、タミヤの社長が、「最近の子供は、いくら丁寧な説明書を入れても読んでくれない」というようなことをどこかで言っていました。手間がかかるものが敬遠される現在ですが、入門者である子供たちさえもそんな感じだというのはちょっとさびしい感じがします。あれだけ丁寧な説明書もろくに読まない、ということだと、この75の説明書レベルのものでは、もうどうしようもないかもしれませんね。

投稿: さがみ | 2008年2月26日 (火) 20時07分

鉄道模型の説明書ってまだまだ不親切な気がします。
価格でいえば1/10以下のプラモデルでさえ組立順に詳細な図解入りのが入っているのですから。
比較的詳しいのが珊瑚ですね。
美しいイラスト入りでメーカーの良心を感じます。
昔の某社なんて子供のラクガキみたいのが入ってましたよ。
説明書も商品の一部という気概で作ってもらいたいものです。

投稿: げんた | 2008年2月26日 (火) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】連結器を取り付けました。:

« こいつもついでに・・・ | トップページ | 【カツミのED75】取りあえず・・・完成です!! »