« 営業のお知らせ | トップページ | 今年はどんな年になるのかな? »

2008年1月 4日 (金)

【カツミのED75】屋上機器取り付け穴のボーリングが出来ました

 正月休みは結構雑務が出来てしまって、75もあまり進みませんでしたが、とりあえず屋上機器の取り付け穴のボーリングが終わりました。

75yane

 ED75の一般型はご存知の通り屋上の複雑な機器群も見せ場の一つです。ブラスモデル場合、こういった部品は一体成形というわけにはいきませんから、このように個別のパーツをハンダ付けしていきます。高圧線の碍子はこれらの機器にネジ止めするようになっていますが、場合によってはハンダ付けのときにこの穴を埋めてしまうことがありますから、パーツが一通り付いたところで確認します。埋まっているところはドリルやタップを使ってボーリングしておきます。塗装後に碍子を乗せようとしてネジ穴が埋まっていたりすると厄介なので、この時点で修正してしまいます。せっかくきれいに塗れた車体をドライバーで傷だらけにしないためにもこれは重要です。

 一つずつチェックしていると、最初の頃使っていた使い勝手の悪いコテでハンダ付けしたところの付き具合が不良なところが何箇所か出てきました。何しろパーツが多いですから、こういうことは起こるものとして、途中でチェックする必要があります。

 手直しの箇所も出ましたから、あとはまたキサゲです。側面のエアフィルターはエッチングですからハンダを拾いやすいのですが、もしハンダが流れ込んでしまった場合、キサゲ刷毛で気長にこすってやるときれいに復活します。

75sokumen

 このあたり、極めて地味な作業ですが、こうした作業を地道にやるか、手を抜くかで仕上がりが全然違ってきます。模型というのは正直なものです。

 ここまで出来た全体像はこんな感じです。

75zentai

 最近ではレイアウト?の完成品までありますが、すぐに遊べるのも結構ですが、なんだかすぐに飽きてしまいそうです。自身の手でいじって完成させたものというのは不思議と飽きません。作者の思い入れが詰まっているからなのでしょうけれど、そういった部分が殆どなくなってきているのはちょっとさびしい気もします。

|

« 営業のお知らせ | トップページ | 今年はどんな年になるのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】屋上機器取り付け穴のボーリングが出来ました:

« 営業のお知らせ | トップページ | 今年はどんな年になるのかな? »