« 店の様子 | トップページ | クリスマス商戦 »

2007年12月21日 (金)

【カツミのED75】キット製品紹介

 そろそろクリスマスも近づいてきました。年末年始は模型がよく売れる時期ということで、各メーカーともこの時期を目指してまとまった新製品を投入してきます。Nゲージなどは毎年の事ながら12月28日に問屋着などといったかなり露骨な?スケジュールが組まれていたりします。地方への配送などがありますから、年末ぎりぎりまで結構忙しくなるわけです。そんなわけで、リハビリのOT(作業療法)の続きみたいな意味も含めて進行中のED75の製作もちょっとお休みです。

 退院した後さっそく始めたので、抜かしていましたが、ここでこの製品の詳細をご紹介しておきます。

7501

 今回は1000番台の前期形と耐寒型と呼ばれるヒサシつきのグループの前半のタイプの2種類です。

 機関車本体はいずれも55000円(税抜き)です。別途購入するものは台車、ギアボックス、モーター、ジョイント、パンタグラフといったところです。台車は工作記事にもあるようにダイキャスト(900円)とロストワックス(17800円)があり、製作者の方針で選んでいただくようになっています。ギアボックスはエンドウの機関車用MPギア・ボックス動輪WB31mm(11000円)、モーターはEN22(2000円)、パンタは天賞堂のPS101(3300円)が指定になっています。連結器はケイディーの5番またはエンドウのナックルカプラーを使用します。

 車体本体はしっかりしたプレス加工、ディテールはプレス、エッチング、ロストワックスなど真鍮パーツが中心で、床下機器や運転台関係などにソフトメタルが使われています。基本的にハンダ付けで組み立てる構造になっていますから、瞬間接着剤などで組み立てることはできません。

 工作記事にもありますように、かなり熱を食うロストワックス部品がたっぷり入っていますので、車体の組立には100Wのコテが必須です。

Kote

 電車や客車などと違って密度濃く部品が付きますから、この大きなコテを要領よくさばく必要があります。ハンダを付けすぎず、かつ確実に接合することが求められます。

 完成品の販売を前提にしているので、パーツ同士の合いも良く、構造も良く考えられているので、工作がたっぷり楽しめると思います。最近は16番の国鉄型も海外生産のプラスチック製品が増えていますが、老舗メーカーの国産ブラスモデルには模型としての基本を押さえた魅力が一杯です。

 あっさり組むもよし、特定番号にするもよし、作者の好みで味付けできるのもキットの魅力ですね。久しぶりに出てきた電気機関車のキットです。そうすぐには完成しませんが、年末のお休みにでもチャレンジされてはいかがでしょうか?模型というのは買うだけではなく、自分の手でいじるのが楽しみの大きな要素だったはずですから。

 

|

« 店の様子 | トップページ | クリスマス商戦 »

コメント

saimonさま

コメント有難うございます。最近のカツミ、件の自由形も含めて「売れない」と言われているキットを盛んに出してきますね。「自分でいじって楽しむ」という最近では抜け落ちそうになっている模型の大きな楽しみ方をアピールすることで息の長いユーザーを育てようということなのでしょう。
何でED75なのか?ということですが、例のフリー電機はカツミ目黒店の工作教室用として販売されているものですから、商品としてあまり一般的ではないのと、やはり現在ではNから16番へ流れてくる方の場合でも既にNでスケール機が当たり前という感じになっています。
ネットの掲示板などの書き込みを見ると、ブラスモデルの造りなどを知らずにプラ製品と同じような感覚で製品の講評をしていたりします。「何でこんなに高いんだ?」という感じで。そのくせディテールが少ないと「しょぼい」などと批判ばかりが出てきます。スケール機の実際の製作を見ていただくことでブラスモデルの内容を知っていただければ、ものの見方も変わってくると思うのですが、そういう機会が現在はあまりないですね。
そして、ED75については管理人もいろいろ思い出もあるので、一般的なM型は是非欲しいと思っていました。TOMIXのプラ製品などもありますが、やはりブラスの質感にはかないませんし、既にホビーモデルのキットを組んだED71もありますので、75も是非自分の手でモノにしたいなと思っていました。退院の少し前という絶妙のタイミングで出ましたので、店で売る分とあわせて、さっそく調達しました。完成作例があれば店頭でハンダ付け工作の解説にも使えますし、レイアウトで走らせれば、重厚感のあるブラスモデルの走行を実際に見ていただくことができます。
今の模型店は値引きの競争ばかりで、こうした本来ショップがお客様に伝えるべき事柄が抜けてしまっているようです。
今回の75はそんなわけで完成した後もいろいろな使い方をしようと思っています。

投稿: さがみ | 2007年12月23日 (日) 13時53分

お久しぶりです、saimonです。
お店の再開、おめでとうございます。来年あたり私も
お店に伺いたいです。(遠いですが)

さて、カツミさんのED75キットの記事拝見しており
ます。
同じカツミさんから、ED75とほぼ時を同じくして、
キット入門用のフリーED電関が出ましたね。
ブラスキットの入門者を増やすには、こちらを題材に
されたほうが適切かと思いますが、いかがでしょうか。
かくいう当方もキット経験は電車だけで、機関車を組む
にはこのED型あたりから入るべきですが。

投稿: saimon | 2007年12月22日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】キット製品紹介:

« 店の様子 | トップページ | クリスマス商戦 »