« いつものハンダゴテを・・・ | トップページ | この後の店舗営業のお知らせ »

2007年12月11日 (火)

【カツミのED75】屋上小部品の取り付け

 いつものハンダゴテが来たところでさっそく屋上の続きです。ED75というと屋上にたくさん生えている碍子や高圧配管を思い浮かべますが、その前に取り付けておく部品も結構あります。

7501

 今回は屋根板の吊り下げフックやパンタの空気配管などを取り付けました。さすがに使い慣れているコテですと作業が気持ちよく進みますね。ここまでで組み立てた部分、中には使い慣れていないコテで作業したので、ハンダ付けが不十分な箇所もありそうですので、このあと一度チェックをしてみようと思います。塗装してからパーツが取れたりするとリカバリーにものすごい手間がかかってしまいますから。

 納得のいく仕上がりを得るためには手戻り作業にも手を惜しまないことが大事です。レイアウトにストラクチュアーを並べるような作業でも同じことが言えます。どのように並べればリアルになるか、ということで何度も並べ直してみたりすることによってだんだんリアルになってくるものです。

 模型というのは、本来じっくり時間をかけて楽しむものだったはずです。今はインターネットの普及もあって、お客様がメーカーの発売情報などに引きずり回されてしまっているような感じになってしまっていると思います。鉄道模型は鉄道趣味の中の1ジャンルなわけですから、たとえば小さなレイアウトセクションであれば実際に訪ねて印象に残ったところのエッセンスをたっぷり取り入れて、作者として薀蓄を語れるくらいのつもりで製作ができれば、それこそが模型を通じて得た「癒しの時間」ということになると思います。

|

« いつものハンダゴテを・・・ | トップページ | この後の店舗営業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】屋上小部品の取り付け:

« いつものハンダゴテを・・・ | トップページ | この後の店舗営業のお知らせ »