« この後の店舗営業のお知らせ | トップページ | 【カツミのED75】引き続き屋上の組み立て »

2007年12月12日 (水)

【カツミのED75】屋上機器の取り付け

 使い慣れたハンダゴテになって作業もしやすくなったので、今夜はかなりねばってしまいました。続いては屋上の大きなパーツの取り付けです。屋上機器は、碍子が挽物、碍子の台がプレス+エッチング、、断路器や排風ダクトなどはロストワックスです。韓国製の模型ではディテールは何でもロストワックスにする傾向がありますが、ロストが万能というわけでもありません。適材適所ということでパーツの工法が使い分けられているのが国産品らしいところです。

 ロストワックスは鋳物の塊ですからどうしても熱を食いますし、鋳造時のワックスが残っていることがあるのでワイヤーブラシでこすって落としておかないとハンダがつきにくいことがあります。

 鋳物ということで、溶かした真鍮を流し込むわけですが、流し込み口の部分が尻尾のように残っています。

Yuguchi

 プラキットの「ゲート」と同じようなものですが、きちんと切断して切り口をきれいに仕上げておかないと取り付けられないことがあります。プラパーツと違って修正には時間がかかりますから、ハンダゴテの電源を入れる前に1ブロック分のパーツを仕上げておくのが良いかと思います、

7503

 しばらく前まで、ELのこうしたパーツはダイキャストやソフトメタルが多かったのですが、やはりロストのほうがディテールがきれいですし、ハンダ付けができるので脱落の心配もありません。この部分のダクトが左右に分かれているので、50~84号機であることがわかります。

7504

 屋根の上も少しずつ賑やかになってきました。プラキットと違って車体に付くディテールはすべて別付けということで、相当な手間がかかりますが、出来上がればやはり一体モールドにはないリアルな立体感が出るものです。

|

« この後の店舗営業のお知らせ | トップページ | 【カツミのED75】引き続き屋上の組み立て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】屋上機器の取り付け:

« この後の店舗営業のお知らせ | トップページ | 【カツミのED75】引き続き屋上の組み立て »