« 【カツミのED75】ランボードの取り付け | トップページ | 【カツミのED75】台車が来ました。 »

2007年11月28日 (水)

【カツミのED75】だんだんディテールがついて来ます

 引き続き車体の組立が進行しています。細かいパーツが多いのですが、1つ付くたびに75らしくなってきます。

7501

 電気暖房の表示灯もなかなか良い形です。昔、客車で旅行した時にホームでよく眺めたポジションですが、まだ取り付けていない部品も多いのに、かなりそれらしい香りを放ち始めました。

 ここまでで気が付いたのですが、ヘッドマークを掛けるフックがエッチングでやや弱い感じです。特にディテールがあるパーツではないので、片側は同じくらいの幅の洋白帯板を整形したものに置き換えて比較してみようと思います。どちらかというと完成品の組立優先と言う感じの部分ですが、完成後にヘッドマークの着脱で折れたりすると始末が悪いので、いじってみる価値はありそうです。

 どうやら台車が出来たようなので、近いうちに持って来ようと思いますが、やはり車体がこれだけ凝った造りなので、、台車も旧製品の時に作られたダイキャストのものではバランスが取れないし、機関車が可愛そうです。模型と言うのは全体のバランスが大事ですから、ここはロストワックスの台車を使うことにします。機関車は真横から見ると電車以上に台車部分の比率が大きいですから、効果的だと思います。

7502

 修整をしながら進行しているのでスローペースですが、機関車の場合には車体に付くパーツも多いですから、慌てない事が第一です。

 この機関車、完成品もごく少数出ることになっています。TOMIXのプラ製品とかぶることを気にする向きもありますが、模型としての商品カテゴリーが違いますから、その辺はあまり気にしなくて良いかと思います。あとは値段がどうなるか、ということですが、キットの価格設定からみれば完成品も極端に高くなることは無いと思います。

|

« 【カツミのED75】ランボードの取り付け | トップページ | 【カツミのED75】台車が来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【カツミのED75】だんだんディテールがついて来ます:

« 【カツミのED75】ランボードの取り付け | トップページ | 【カツミのED75】台車が来ました。 »