2021年12月 1日 (水)

気動車用ジャンパー栓付き胴受再入荷

 エンドウの気動車用ジャンパー栓付き胴受が再入荷しています。

1_20211201232101

 気動車床下用のやや下を向いたジャンパー栓はエンドウから単体のものも出ているのですが、キハ10系、20系、35系、55系等の運転台側はの床板はテールケースを避けるための欠き取りがあったりして取付が困難だったりします。このパーツはそれを解決してくれます。

2_20211201233101

 例のキハ17増備車でも使用します。連結器がケイディーならポケットの関係もあって胴受省略もありでしょうけれど、IMON密着自連を使用する場合は、それはなしですね。

3_20211201233401

 取付はM1.7のビスです。エンドウの胴受パーツ、何も書いてありませんが、各種取付はM1.7です。

4_20211201233601

 取付状態です。ジャンパー栓の問題が一気に解決されているのが分かります。

 テールケースのない連結面側も作業合理化の意味でこれを使うことにします。

 ネット支店に登録してありますので、お試しください。定番品のようですので、ネット支店品切れの場合もすぐ補充できるようです。

https://ms-sagami.raku-uru.jp/item-detail/904680

 

 

| | コメント (0)

2021年11月30日 (火)

本日臨時休業

 本日、店内機器故障のため、臨時休業いたします。

 機器取り換えと遅れている発送作業を行います。

| | コメント (0)

2021年11月28日 (日)

キハ17を続けます

 資材が一通り揃ったので、キハ17増備車を続けます。

1_20211128212801

 今日は雨樋ですが、例によってキットの丸線をこの雨樋用帯材に置き換えます。

2_20211128212901

 マスキングテープで仮止めして、こんな具合に点付けします。

3_20211128213001

 全体が真っ直ぐなのを確認したら、ハンダを全体に流して仕上げます。帯材と丸線では熱の影響による歪み方が違うので要注意です。

6_20211128213701

 実車の雨樋が角形なので、やはり帯材にすると印象が良くなります。フェニックスのものと違って、オデコの鉢巻き部分が上に向いていないので、無修正で行けるのも助かります。

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

いろいろ入荷

 今週は掘り出し物っぽいものがいろいろ入荷しています。

73

 先ずはエンドウの73形電車の床下です。MPギヤ、ACEギヤ、IMONギヤなどを使用する場合、エコーの旧国用床下機器では、コンプレッサーが動力部品と干渉しますし、現状日光品は問屋品切れです。

17yuka

 キハ10系の床下です。最近のものですので、両台車駆動対応です。やはり日光のものは品切れですし、床下伝動にも対応していません。

111_20211127202301

112

 ついでにこのようなものも仕入れてみました。今回床下機器がありましたので完成できます。DT19台車も併せて補充しておきました。

 エンドウの床下機器は価格表からは消えていて、受注生産ということになっています。その際はチラシを配布して・・・とあるのですが、実際は完成品をやった後の残りを問屋に出しているのでは?という感じです。油断できませんね!KSやフジのキットを抱えていて、床下がなくてお困りの方はチャンスです。ただ数が少ないので、完売の際にはご容赦願いたいと思います。

| | コメント (0)

2021年11月26日 (金)

今週の入荷品

 今週は問屋の棚から出てきた掘り出し物?が何点かあります。

12_20211126212201

 現在管理人が製作中のキハ17で使用のエンドウ製床下機器セット、同じくエンドウのMPギヤ対応のクモハ73・モハ72床下セットなどがあります。明日入荷しましたらネット支店にも登録します。

 その他、あすかモデルのキユニ11生地車体なども入荷します。

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

車体の続き

 フジモデルのキハ17を続けます。

1_20211125193201

 前照灯ケースはフェニックスブランドと同じトックリバチの巣みたいなパーツです。位置合わせがやりにくいですが正面を向くようにします。合いは悪くありません。

2_20211125193401

 製造初年が昭和28年のキハ10系では車体に補強のウインドシルがあります。前面はHゴムを使用した近代的なデザイン、側面もバス窓だったりしますが、まだナハ10系の軽量構造が確立されていない時期なので、中途半端な感じです。それ故、車体幅が2600mmという具合に全体を小さくして軽量化を図っていたわけですが。エンジンが非力だったので、軽量化は絶対的な命題だったのでしょう。電車で言えばモハ72500代やクハ79300代が登場した頃ですが、こちらもHゴムが使われるようになったり、クハの前面が後の101系に通じるデザインになったり、台車も新しいタイプが使われるようになったものの、シル・ヘッダーが残る3段窓だったりと、中途半端だったですが。新しいものがどんどん出てきていた時代だったのです。総括制御が出来る気動車が大量産されたことだけでも画期的だったわけですから。

3_20211125195201

 ウインドシル部も次の部品が取り付けられるレベルまで仕上げておきます。今回は前面形状の修正がない分、サクサク進みます。

 

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

出来るところまで

 資材待ち中のキハ17、出来るところまで進めることにします。

1_202111231831012_20211123183101

 取りあえず箱になったので、今日はヤスリがけです。

3_20211123183401

 フェニックスのように変な修正をする必要がないので気が楽です。

 そういえば、問屋にエンドウのキハ10系の床下があるのを見つけました。今週末に入りますので、お入り用の方はお知らせください。数は少なめですが。

| | コメント (0)

«営業のお知らせ