2018年1月19日 (金)

商品入荷のお知らせ

 今週の16番関係、都度取り寄せ商品は明日の入荷になります。なお、このところ品切れの多いGMスプレー、再生産が出来て来たようですので、ご希望のものがありましたらお知らせください。

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

エンドウ キハ40系床下機器 追加入荷しています

 年末のフジモデル、キハ40系再生産に合わせて入荷したエンドウの床下機器ですが、おかげさまで完売しましたので、早速追加で調達しました。

401

 小型商品ですので、ヤマトネコポス(全国216円均一運賃)での発送が可能です。ネコポスの場合、代引き扱いはできませんのでご承知おき下さい。

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

今週の入荷品

 今週は、分納になって揃うのが遅れておりましたKSモデルの73系、63形改造車が入荷しています。

73

 KSの73系、ここしばらく新製車グループが続いていましたが、久しぶりに63形改造車です。今回は新たにサハ78300代が追加されています。先頭車が12,000円、中間車が11,000円(いずれも本体価格)となっています。数が少なめですので、お入り用の方はお早めにどうぞ。

| | コメント (0)

2017年12月24日 (日)

日光 新DT33試運転

 軸受メタル入りになった日光の新DT33を車両に取り付けます。

1031

 当然のことながら、見た目は従前と同じです。

1032

 次に従来の台車のモハ102とユニットを組んで走らせてみます。旧の方も軸受にセラミックグリスを詰め込んで、ノイズをかなり抑え込んでいますが、やはり明らかに違ったのは室内灯のチラツキ具合でした。10年以上も前のものですから、室内灯も旧タイプなのですが、これが明るい現在のチップLEDのものであれば、その差はもっと大きいかもしれません。
1033

 そして、銀車輪の塗装では、走り込むうちにどうしても色が剥がれてこのように見苦しくなってきますが、黒染め車輪の新ギヤではこれも防ぐことが出来ます。ただ・・・踏面やフランジまで黒くなってしまうのは、というのはありますが・・・。

 一応走行メインの電車として、所期の目標を達成できました。この後、残りの103系も全部交換しようと思います。店レイアウト用に、山手と京浜東北が全部で18両あるので、完了するのはいつのことやら、という感じですが。

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

日光モデルDT33改良品登場

 日光モデルから出ているDT33台車、ここでメタル軸受入りに改良されました。プレーン軸とピボット軸の2種類があります。

330

 主に103系に使用されている台車ですが、他にも105・119・121系でも使用されています。TR62とよく似た片押しブレーキのコイルバネ台車ですが、モーターの大型化に伴って、軸距離が2300mm、車輪径もφ910mmと、TR62と並べるとやはり似て非なるものです。大昔の国電製品では、101系のDT21も含めて似ているからということで各メーカーともごっちゃにして共用していました。いつしかその辺りも気にされる時代となって、日光からDT33が出ました。出たのが割と後なので、マクラバネやブレーキシリンダーが別パーツだったのですが、メタルの軸受は入っていませんでした。比較的最近になって、カツミからもDT33とTR201が発売され、こちらはメタル軸受入りなものの、ディテールが一体成型ということで、見た目にはやや物足りない感じがありました。

 ここでようやく日光製品がメタル入りになったので、早速試してみることにします

331

 メタル入りになったので、価格もいくらか上がりましたが、これは仕方ないですね。

332

 裏を見るとこのようにメタル入りになっています。

333

 マクラバネとブレーキシリンダーを組み立てる構成は変わらないので、瞬間接着剤で組み立てます。

334

 そのままですと黒メッキということで、部品ごとに微妙に色合いが違ったり、ゴキブリの羽のようにギラギラしますから、組立後黒で塗装します。

335

 塗装が乾いたら組み立てますが、今回は店レイアウトにある一番古い103系、モリヤの山手線に組み込みますので、台車裏面の形状も考慮して、MPボルスターEを使用します。うまい具合にMPボルスターEに付属のセンタースペーサーは0.5mm薄いタイプです。

336

 MPギヤも、最近は黒色車輪のものが出ているので、これを使います。塗装が不要ですし、走行中に車輪側面の色が剥がれて見苦しくなることがありません。

338

 黒色車輪のMPギヤはこんな感じです。

337

 MPギヤは、今年から本体のみになって、その分値下げされています。使わない種類のボルスターや、センターピンがどんどん増えるということがなくなりました。

339

 早速組み立てますが、最初に軸受部にセラミックグリスを詰めておきます。これで、集電やノイズ対策は完璧になるはずです。

3310

 そして、車輪を組み込んで新台車が完成です。この後、1両目のモハ車の台車を履き替えさせてテストしてみます。

| | コメント (0)

今週の入荷品②

 EF80の他に次のようなものも入荷しています。

401

 エンドウのキハ40系床下機器です。フジモデルのキハ40系が再販されましたので、在庫を確認したところあったので少し取りました。

E1

 細密パイプなどの資材類も到着しました。

 Nゲージ関連の商品、年末ぎりぎりのものが多いので、ご注文いただいたものなど、来週まとめて入荷の予定です。

| | コメント (0)

今週の入荷品・・・カツミEF80

 今週は、カツミのEL久々の新形式、EF80が入荷しています。

801

 このキット、従来のカツミ製と違うのはワールド工芸とのコラボ製品であること。従って車体回りはエッチングを基本にしています。

802

 全体の部品構成です。ワールドらしく、エッチングシートに抜かれた部品がたくさん入っています。

803

 Nゲージファンの方はご存知かと思いますが、車体もワールドのキットでおなじみの折り重ねて強度を出す構成です。ハンダをしっかり流し込むと文鎮のようにずっしりした車体になります。

804

 EF80は1台車1電動機のカルダン駆動でしたから、動輪の穴が通常と異なるので、輪芯部にエッチングパーツを張り付けて表現するようになっています。Nゲージでは定評がありますが、フィルターなどもとてもきれいな仕上がりです。16番モデラーにしてみると、「エッチング板」というと、糸鋸でギコギコ切り出すイメージだったり、抜き済みのものでは開口部がギダギダになっていてプレス抜きよりも数段劣るというイメージが強いのですが、小さいNゲージで経験を積んだメーカーだけに、そのようなことがありません。

807

 動力装置は、カツミの他のELと同様の構成、すなわちEN22モーター+MPギアですが、特殊な軸距離なので特製のものが台車とともにキットに含まれています。ワールド工芸も自社ブランドで16番の製品を出していますが、どうも動力部分が弱い感じがありました。EF80の車体はエッチング向けの題材なので、ワールドの強みが発揮される部分ですし、カツミ方式の動力を組み合わせることで、両者の強みが発揮されることになります。文鎮のような車体に特大のウエイトを積んでMPギア駆動で走るのですから、さぞかし強力な機関車が出来るのでしょうね。

805

 Nゲージのキットでは原寸の全体図が入っていないものがありますが、今回はさすがにカツミブランドということで、原寸図も付いています。

 このような内容ですので、他に用意するものはモーター、ユニバーサルジョイント、パンタグラフ、連結器といったところでしょうか。キャブインテリアやライト類が含まれているのはさすがカツミです。税抜き108,000円です。1両いかがですか?

| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

16番入門向けの製品を集めてみました

 今の時期は鉄道模型に新規参入される方も多いですが、ここ最近16番の入門用に適したカトーの16番製品の再生産が相次ぎました。

Ho1

 商品の一例です。価格と商品内容のバランスが取れていますので、管理人的にもおススメです。

Ho2

 以前は他社品と比べて耐久性がなかった感が強かったユニトラックもその後密かに?改良が加えられたのか、安定して使用できるようになりました。

Ho3

 店レイアウトでの「いじわるテスト」です。真鍮製の機関車重連+真鍮製客車6両という列車ですが、以前はこんなものを走らせるとポイントは3か月もするとダメになり、単純な直線でもジョイントがダメになって通電不良を起こしたり道床が波打ったりもしたものですが、最近はそのようなことがありません。

 16番の世界はカトーとトミーのプラ製品だけではありません。物凄く奥深いものですから、このような改良は大歓迎です。

Ho4

 16番はNゲージよりサイズが大きいですから、手すりなども一体成型とせず別パーツになっている場合が多いのですが、これを取り付け済みとすると手間賃が加算されて売価も高くなってしまいます。特にカトーの16番製品が安価なのは、このあたりをユーザー取り付けにしていることもあるかと思います。

Ho5

 Nゲージでもお馴染みのキハ58でもこれだけの別パーツがあります。でもご心配は要りません。どれもランナーからカットして押し込むだけです。細かいものもありますから、丁寧にやるというのがポイントでしょうか。根気よく全部取り付けることで、16番ならではの細密感が出て来ます。

 いきなりブラスキットを組みたいと言われても、このような基本的な工作経験がないと難しいのですが、そういう意味でもカトーの製品は活かせると思います。

 そのようなわけで、安心して16番入門をお勧めできる環境が整って来ました。基本的なものを揃えてありますので、興味がおありでしたらぜひご相談ください。

| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

今週の入荷品

 少し間が空きましたが、今週はエコーのお取り寄せパーツ、切らせていた素材類などが入荷しています。

I1_2

Cimg1133_2

 他にこんなものも。

Cimg1134

 しばらく切れていたカトーのワム80000(16番)です。たくさん使う車種なので、いつでもあって欲しいものです。

 ご注文いただきましたお客さま、お待たせいたしました。

| | コメント (0)

2017年12月 3日 (日)

今週の入荷品

 今週は、久しぶりにフジモデルのキハ40系暖地型3形式が入荷しています。

40series

40s2

 側窓サッシが2段表現のあるものに改良されています。

 両運車が12,000円、片運車が11,000円(いずれも本体価格)となっています。少量生産品で、毎回早めになくなる形式ですので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

43s

 また、しばらくメーカー切れになっていましたスハ43系各種バラキットも入荷しております。こちらは各6,900円(本体)です。バラキットですので、オハ46、オハ47、オハフ45といった派生形式のタネ車としてもお使いいただけます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 | DD13 | ED71 | ED75 | ED75-1000 | ED76 | ED78 | EF64 | EF65-0番台 | EF71 | IMON 箱根登山モハ1 | KSモデルの103系 | LN15のテスト | NゲージED75 | おすすめサイト | お手軽リカバリー | お気楽工作 | よくある質問 | アクセサリー | アダチ 新ワラ1 | アダチのタム5000 | エンドウ 東急旧5000系モーター交換 | エンドウキハ52走行改善 | エンドウ小田急2200形 | オハ35戦前型 | オハ35戦後型 | オハ47 | オハ61 | オハフ33戦後型 | オハフ45 | オハフ61 | オハフ61-1000(3000) | オユ10 | カツミの103系 | カトーの16番12系 | キハ16 | キハ17 | キハ22 | キハ26 | キハ40-100前期形 | キハ58 | キハ58 800番台 | キハユニ15 | スハ33 | スハ33② | スハ40 | スハ43 | スハ43青 | スハフ42 | スユニ61 | タム5000 | ツム1000 | テム300 | ナハ11 | ニュース | パワトラ電車のMP化改造 | フジモデル客車キット組立詳解 | ホビーモデルのDD13 | マニ36 | マニ36 キノコ折妻 | マニ36 折妻車Ⅱ | マニ60 オハユニ61改造車 | マニ60(オハニ61改) | モリヤの103系 | モリヤの103系 総集編 | レイアウト | ワ12000 | 古い写真から | 古い天賞堂PFの動力更新 | 商品案内 | 営業案内 | 大雄山線モハ51 | 天賞堂EF57更新 | 天賞堂電機のMP化改造 | 奄美屋ED77 | 季節の話題 | 完成品電車の加工 | 実車の話題 | 客車キットの話 | 小田急2200動力更新 | 小田急2400形 | 小田急デニ1300 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 晩年の旧型客車急行を作る | 東日本大震災 | 流山電鉄モハ1101 | 登山電車低速化計画 | 相鉄 新6000系 | 色の研究 | 販促サンプル | 趣味 | 路面電車 | 運転を楽しく! | 鉄道模型入門 | 長野電鉄2000系 | 長電OSカー モーター交換 | 震災補充 オハ47