2018年11月 5日 (月)

文化祭の季節

 文化祭の季節ですね。当店近在の東海大学も先週でした。鉄道サークルの展示と言えば、模型の公開運転は定番ですね。最近の学生はNゲージだろうと思われがちですが、16番の複々線が設定されていました。今年の小田急は、悲願の複々線完成、LSE全廃、GSE登場と話題が多いのですが、その辺も取り入れた展示ということなのでしょう。

Kengaku1

 もちろん、走行する車両のメインはLSE。カツミの中古品をどこかで拾って来たようです。

 この製品、実車が登場してからほどなくして出たものなので、ゆうに30年は経っているはずですが、車体の造形は今見ても悪くありません。ただ、軸距離可変のトラクションモーターが非力な上にすぐ壊れるのが最大の難点です。このような場合、動力システムをそっくり別のものに入れ替えることが出来るというのが、真鍮モデルの特徴で、このLSEも取りあえずMPギヤシステム2組に交換しました。メーカー完成品も最終版ではEN22を使用したMPギヤシステムになっていたと思います。

 連接車ということで、通常のボギー車とは違った苦労がありましたが、店レイアウトのSE車を参考に改造して、何とか文化祭に間に合いました。Nゲージやプラ製品に慣れ親しんでいる学生には新鮮な体験だったはずです。すっかり満足した様子だったので、やり方を教えた管理人も嬉しくなりました。

 16番でもプラ製品やダイキャスト製品は、動力装置がそれぞれ専用設計なので、部品がなくなったらおしまいなのですが、このLSEでは問題のトラクションモーターはとっくのとうに廃番になっていますが、このように見事に現代水準の走りを得ることが出来ました。

 改造個所を押さえる目的で、細身のコアレスモーターLN12を使用したので、やや馬力不足の感がありますが、主制御器などがある1号車と11号車に追設して4個モーターにすれば性能に余裕が出来そうです。動力台車と付随台車の関係も実車同様になりますし。

 今回はこの他、電球式だった室内灯を白色LEDに交換して蛍光灯照明に見えるような改造も行っています。自分でいろいろ手を加えることで満足度の高い模型に出来る面白さを理解してもらえたかと思います。

Kengaku2

 当日の線路に登場した小田急車両群です。SE車と2200形はLSEの引き立て役として、店レイアウトから出張です。2200形にはHE車を連結して、堂々の中型10両編成の急行としました。旧塗装の2600形は、他の学生が中古で拾って来たカツミのものですが、非冷房の上にサハ2650がまだ入っていない5両ということで、時代がずれているのですが、これも台車をPⅢ706にして床下を改造、新塗装に塗り替えて4000形とすればまさにLSE登場直後の世界になりますね。

 いろいろ妄想も膨らんだ文化祭レイアウトでした。

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

エンドウの密着連結器 動力台車対応のその後

 エンドウの密着連結器は価格も手ごろで、実際に連結できるということでお使いの方も多いと思います。

Em0

 この密着連結器、復元は中央後部のコイルバネによる方式です。

Em1

 台車の回り止めピンに引っ掛けるようになっています。これだと先頭台車が動力台車の場合に対応出来ません。

Em2

 復元バネがないと連結しにくいですし、連結しない場合も走行中に横を向いてしまったりします。完成品では板バネを使用したカプラーポケットのようなものを取り付けていたかと思いますが、そのパーツは分売されていません。

 今回、全電動車方式にした小田急2200形では全車両でこの問題が発生したわけですが、最近のケイディーカプラーをヒントにこのような方式を採ってみました。

Em3

 連結器後部にφ0.4の燐青銅線を植えて、連結器胴受を活用して復元させます。最初はもっと細いものを使いましたが、解放を繰り返しているとよれよれになって来るので、この太さとしました。復元バネの長さも、もっと短くしたのですが連結器が首を振ると外れてしまうので、実際に首を振らせながら長さの設定をしました。

Em4

 復元バネもまあまあ目立たないですし、連結・解放も実用レベルになりました。復元バネを黒く塗れば、もう少し目立たなくなるかと思います。

Em5

 問題が起こりやすいポイントの通過試験です。特に問題は出ませんでした。

Em6

 もちろん、直線区間やカーブ区間のカントの出入り口も快調に通過します。

 最近はJRの電車でも2両のものも結構ありますし、先頭台車が動力になることも多いわけです。汎用で使える連結器なので、あの板バネのカプラーポケットの分売を期待したいところですが、現状で比較的簡単、確実な方法として考えてみました。他にももっと良い方法があるかもしれませんが・・・。京浜東北線も103系登場時は7+3の編成でしたから、写真のクモハ103も近いうちに改造しようと思います。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

プラ客車 デッキの手すり

 16番プラ製品では、小パーツの取り付けをユーザーに委ねることで価格を抑えているものが多いですね。昨日の照明を取り付けたカトーのプラ客車も付属部品が未取り付けの状態でした。付属部品を取り付けると印象が全然変わるのを見ていただくために、1両は完成状態にします。カトーのスハ43系ではベンチレーターとデッキの手すりがユーザー取り付けパーツになっています。ベンチレーターはとりたてて問題はないのですが、問題はデッキの手すりです。

Cimg3279


 ふにゃふにゃの軟質プラ製で、弾力を利用して固定しようということなのですが、そうなると取付穴が小さめで、手すりは太目ということになります。穴に差し込もうとしてもすんなり入らず、無理やり押し込もうと苦戦するとよれよれになります。さらに弾力があるので、飛ばしてしまう危険性も大きいですね。やっているとイライラしてくるわけですが、まともに付き合っていると精神衛生上も宜しくないので、もっとすんなりできる方法を考えてみました。

Cimg3280


 デッキの手すりは、一見簡単そうですが結構複雑な形なので、真鍮キット用としてこのようなパーツが出ています。これを使ってみることにしました。

Cimg3281


 まずは少量のゴム系接着剤を使って取り付けます。すんなり入る上に飛ばしてしまうこともなく、実にスムーズに捗ります。接着が出来たら、プライマーを塗ってから車体色を塗ります。

K4


 細い手すりなので、このような面相筆を使うときれいに仕上がります。プラモデルメーカーの製品に良いものがあります。

K5


 車体色まで塗った状態です。付属パーツよりも細くなって、印象も良くなりました。フジモデルからは、塗装が面倒だという方に向けて、車体色に塗装済みの手すりも出ています。皆さん、それだけ苦労しているということの表れだと思いますが、カトーはその辺を分かっているのでしょうか。プラ客車と言えども金属パーツを使った方が良い部分というのはあると思います。全部プラ部品にしたことで、取り付けをやりにくくしてしまっている感じがします。

| | コメント (3)

2018年10月12日 (金)

KATO 「(HO)LED室内灯クリア」の取り付け

 今日はお客さまからの依頼で、カトーの「(HO)LED室内灯クリア」の取り付けです。カトーのプラ製旅客車の標準オプション部品ですから、皆様もよくご存じだと思います。

K1

 ほぼ自社製品専用の設計ということで、管理人は使う機会がありませんでしたが、今回初めて取り付け作業をやってみました。カタログなどで見ると簡単に出来そうですが、実際にやってみると・・・。

K2


 中央部に光源の基盤があって、そこから前後にプリズムで光を送る構成です。エンドウの「ユニットライト室内灯B」と似ていますね。しかし、基板部分をわざと複雑にして組みにくくしている感じがします。

K3


 通電も座席と床板の間にあるウエイトの鉄板を介して通電板で基板に送る方式です。確かにハンダ付けは不要ですが、最後に車体を被せる時にぽろっと取れたりで、かなりやりにくいです。説明も、本当はプリント基板を枠みたいなものに取り付けてからシューを取り付けるようなのですが、その辺の手順が述べられてなく、組立にかなり難儀しました。

Cimg3247


 何とか組み込めたので点灯テストです。左の2両がカトーのもの、右の1両がエンドウの「ユニットライト室内灯B」です。両者とも似たような構造ですが、カトーのものは中央部が極端に明るく両側が暗いわけですが、エンドウのものは、そこまで極端ではありません。

Cimg3246

 こちらは、白熱灯色の場合の比較です。中央がカトーの照明セットに入っているオレンジのカラーフィルターを取り付けたもの、左はモデルシーダーの蓄電式でない白熱灯色のチップLED式のもの、右はエンドウのユニットライト室内灯BのLEDをクリアーオレンジに塗装したものです。シーダーのものは均等に明るいのは良いのですが、白熱灯としては明る過ぎですね。カトーのものは見る角度で白熱灯に見えたり白色に見えたりでフィルターの構造に難があるようです。エンドウの光源を塗装したものが一番落ち着いているように見えます。

 室内灯も、最近は各社から良いものがいろいろ出て来ているので、ただ明かりが点くというレベルでは物足りない気がします。明るさのムラや光の色合い、そして標準オプションなのですから取り付けやすさなど、カトーには一層の奮起をお願いしたいというのが正直な感想でした。カトーの車両には、他社製の照明は一筋縄では取り付けられないのですから・・・。

| | コメント (4)

2018年9月24日 (月)

KATO製プラ客車 ケイディーカップラーの取り付け

 Nゲージから16番へ移行して来たお客さまからのご相談でカトーのスハ43系客車の連結器をケイディーに交換してみました。店レイアウトの客貨車の入換を見て、是非やりたいとのことです。

471

 今回はオハ47とスハ43の2両ですが、そのうちのオハ47です。

472

 カトーカプラーが付いています。ケイディーと連結できることになっていますが、説明書にケイディーへの交換については記されていません。

473


 ただ、ここ最近のカトーのカタログには、ケイディーへの交換方法が載っています。やってみると軟質プラ部品の切削などがあって、案外面倒です。説明に沿って取り換えてみました。

 最近はホビーセンターカトーでもケイディーカップラーを取り扱っているのですが、やはり16番ではNゲージのように連結器でユーザーを囲い込むのは無理だったということなのでしょう。

474


 ケイディーを取り付けた状態です。No.5を基準にしているようなので、組立が簡単で動作が確実ウィスカータイプの#148を使用しました。取り付けに関しては、カタログの説明通りで全く問題ありません。

475


 早速試運転です。ここしばらく小田急モノの試運転が続いて出番のなかったED71の牽引です。Nゲージのように数か月放置すると動かなくなるということはありません。

476

 列車の後ろ寄りに、実際に組成されるパターンで連結します。

Tsuuka1


 ポイント通過、

Irekae1


Irekae2


 自動解放、いずれも問題ありません。

477

 連結間隔がやや広いのは、設計時にケイディーを取り付けることを意識していなかったからなのでしょう。

 それと、このうちの1両の片側の台車、カーブから直線に入る時に必ず脱線するという事象がありました。金属製品と違って、Nゲージ式に台車枠とボルスターは一体です。調べてみるとセンターピンのビスが締め過ぎでした。センターピンがセルフタッピングの木ネジというのも恐ろしい話ですが・・・。

 こんな感じで、カトーの16番製品にはケイディーが取り付けられます。Nゲージの思想で設計されている分、通常のブラスモデルより取り付けにくいのは確かですね。

| | コメント (1)

2018年8月25日 (土)

SE車 室内灯接点の調整

 室内灯ユニットの交換と合わせて、給電部分の改造を行ったSE車、大体良い感じになっていましたが、2号車がカーブから直線に入る時にまだちらつくようだったので手を入れてみました。

Se2

 小さく作り過ぎて接触不良の原因だった連節部の接点を作り直したのですが、カーブから抜ける時に不必要な床などに接触しているのが原因のようだったので、怪しい部分をカットしてみました。もともと照明などはこれっぽっちも意識していないキットがベースだったので、MP化も照明取付も典型的な泥縄式です。モグラたたきのようにトラブルが出てくるわけですが、ここまで来て概ね叩き潰せてきた感があります。

Se1

 左から2両目の2号車が問題だったのですが、MP化後は構造上足無しということで、条件が厳しいのも確かです。

Se3

 まだ120%完璧ではありませんが、95%くらいの満足度に向上しました。小さく切り過ぎると以前のように派手に接触不良になりますから、恐る恐るの調整です。連節車ということで、構造的にも他にめぼしいアイディアが浮かんで来ません。

 今思えば、パワートラックがあったからこそ出て来たキットだったのかもしれませんね。長大連節車という構造を考えれば、一番簡単に使えるシステムですから。このSEハパワートラック2個で走らせる設計でしたが、重すぎるので実車のM台車に合わせて4個に増強したのですが、修善寺の花月園に持ち込んで走らせたところ、ものの30分と経たないうちに重さに負けて全部のパワートラックのギヤがすっぽ抜けて走れなくなりました。それでMP化改造を行ったのです。カツミの7000形LSEも、当初は軸距離可変のパワトラもどきの動力でしたが、すぐに壊れるとか散々な評判だったようで、最後はMPギヤに変更になっていました。パワトラもどきバージョンをMP化しようとすると、このSE同様に結構な頭の体操になるかもしれません。

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

室内灯の調整とテスト

 最近取り扱いを始めたモデルシーダーの室内灯、使用事例サンプルが出来たので、調整がてらいろいろな条件でテストしています。今日は運転会などではありがちな、日中の照明を点灯した室内ではどんな感じに見えるか、というのを試してみました。

Se1

 ちょっと明るすぎるかな、とも思えた蓄電式ではないものを取り付けたSE車、このような環境では丁度良いくらいに見えます。あまり暗いとせっかく取り付けた座席のカバーとかが目立たなくなってしまうので・・・。

Fm1

 こちらは、左2両がやや暗い蓄電式のものを取り付けた2200形です。こちらも特に暗すぎるということはないようです。

Mc1

 この事例で使用しているのはこちらです。細身なので使い勝手も大変良いので、是非お試しください。

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

SE車照明改造の続き

 一通り新しい照明システムを取り付けたSE車、手直しを行います。新宿方先頭車の前照灯と尾灯、台所用のゴキブリ除けアルミテープで遮光しました。

Se1


Se2

 光源が小さいので、旧来の電球式と比べて対策は極めてやり易いです。こちら側の尾灯もクリアーのレンズに交換しました。光源が小さいということで、電球ケースを撤去してストレートに取り付けたのですが、明るくなり過ぎました。電球の時は暗すぎたのですが・・・。新しいものを採り入れれば、またそれなりにテーマは出て来ます。

 取りあえず運転会のようなシチュエーションではギャラリーにウケそうなので、しばらくはこの状態で走らせることにします。

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

室内灯交換完了

 モデルシーダーの室内灯使用事例として改造中だったSE車、全車交換が出来ました。

Se1

 やや明る過ぎる感じもしますが、運転会などでは良さそうです。意外と面倒な枕カバー付きの座席にしたのは効果的でした。全体のイメージが分かったので、この後は全体の照度をどうするか研究してみます。

Se2

 前照灯・尾灯も同時に交換します。尾灯はレンズをクリアーのものに交換するので、撤去した状態です。新幹線のような強烈なものになっていますが・・・。

Se3

 前照灯もただ取り付けただけの状態ですが、光漏れは1両目と同様、この後台所のゴキブリ除けアルミテープで遮光します。

 これでこの電車の照明は全てLED化されました。最新製品のお陰で、収まりにくそうなところもきれいにまとまって、当初のイメージ通りになりました。モデルシーダーの切断自由で幅の狭い照明ユニットが威力を発揮した格好です。

| | コメント (2)

2018年7月16日 (月)

引き続きSE車照明改良工事

 SE車の照明改良工事を続けます。4号車まで室内灯の交換が終わりました。

Se1_2

 車内が均等に明るくなったので、通電不良のチラツキが目立ちやすくなりますが、連節車ということで車体長が短く、蓄電式のものが使えません。走行試験の結果から3号車両側のT台車から接点を介して給電している個所がどうも良くないことが分かりました。そこで、足無しの2号車と同様、NゲージTOMIXのポイント延長コードとコネクターを活用して、台車から直接給電する方式に改造しました。

Se2_2

 3号車の新宿方はうまい具合に「走る喫茶室」のカウンターがあって、山側はアイスクリームストッカーなどを置くスペースで窓がありません。この部分にコネクターを押し込めば良いわけで、2号車の便所部分より好条件です。これで通電不良に起因すると思われるチラツキはかなり抑え込むことが出来ました。

Se3

 6~15Vまではほぼ一定の明るさで点灯することになっているので、電圧が落ちる駅構内でも通電をしっかり確保できていれば、暗くなったりということはありません。室内灯も前照灯も安定して光るようになったので、印象もだいぶ良くなりました。

Mc1

 SE車で使用しているのはこちらですが、任意の位置でカットして使えるというのがポイントです。SEに使用する分と合わせて在庫分を取りましたので、是非お試しください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 | DD13 | ED71 | ED75 | ED75-1000 | ED76 | ED78 | EF64 | EF65-0番台 | EF71 | IMON 箱根登山モハ1 | KSモデルの103系 | LN15のテスト | NゲージED75 | おすすめサイト | お手軽リカバリー | お気楽工作 | つぼみ堂EF65動力更新 | よくある質問 | アクセサリー | アダチ 新ワラ1 | アダチのタム5000 | エンドウ 東急旧5000系モーター交換 | エンドウキハ52走行改善 | エンドウ小田急2200形 | オハ35戦前型 | オハ35戦後型 | オハ47 | オハ61 | オハフ33戦後型 | オハフ45 | オハフ61 | オハフ61-1000(3000) | オユ10 | カツミの103系 | カトーの16番12系 | キハ16 | キハ17 | キハ22 | キハ26 | キハ40-100前期形 | キハ54 500代 | キハ58 | キハ58 800番台 | キハユニ15 | スハ33 | スハ33② | スハ40 | スハ43 | スハ43青 | スハフ42 | スユニ61 | タム5000 | ツム1000 | テム300 | ナハ11 | ニュース | パワトラ電車のMP化改造 | フジモデル客車キット組立詳解 | ホビーモデルのDD13 | マニ36 | マニ36 キノコ折妻 | マニ36 折妻車Ⅱ | マニ60 オハユニ61改造車 | マニ60(オハニ61改) | モリヤの103系 | モリヤの103系 総集編 | レイアウト | ワ12000 | ワールド工芸レム5000 | 古い写真から | 古い天賞堂PFの動力更新 | 古い編成モノ完成品の動力更新 | 古の自由形ELの加工 | 商品案内 | 営業案内 | 大雄山線モハ51 | 天賞堂EF57更新 | 天賞堂電機のMP化改造 | 奄美屋ED77 | 季節の話題 | 完成品電車の加工 | 実車の話題 | 客車キットの話 | 小田急2200動力更新 | 小田急2400形 | 小田急デニ1300 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 晩年の旧型客車急行を作る | 東日本大震災 | 流山電鉄モハ1101 | 登山電車低速化計画 | 相鉄 新6000系 | 色の研究 | 販促サンプル | 趣味 | 路面電車 | 運転を楽しく! | 鉄道模型入門 | 長野電鉄2000系 | 長電OSカー モーター交換 | 震災補充 オハ47