2018年1月20日 (土)

懐かしの小田急貨物列車

 年末年始のバタバタ入荷も落ち着いたので、店レイアウトの「要調整」で放置されていたもののメンテナンスを行っています。

K1

 管理人が学生時代はまだ小田急線にも貨物列車が走っていました。最後は伊勢原~小田原間1往復でした。メインは、足柄の専売公社で、毎日コンスタントにワム80000が7、8両はありましたが、伊勢原まではワム車やワラ1が月に数両という感じでした。しんがりには凸型の木造トフが連結されて、地方私鉄のような、趣のある列車になっていました。当時は本線用の機関車は3両あって、EF15をD形の自由形にしたようなデキ1041、いかにも黎明期の国産ELといった風情の箱型機デキ1031、そして、この凸型のデキ1012でした。1041と1031が主力で交互に使用され、1012はどちらかが検査に入ると出て来る使い方でした。

 1984年3月のダイヤ改正で、国鉄との授受を行っていた小田原駅が貨物の取り扱い駅から外れて、小田急の定期貨物列車は廃止されました。

 そんな貨物列車を再現すべく、貨物廃止直後に入手したのがこのアダチのデキ1012、トフはかなり後にムサシノモデルから出たものです。

K2

 これがないと、小田急の貨物列車は始まらないトフです。単純な2軸貨車ですが、走行させると何故か脱線します。

Tofu1

 韓国製品特有のロストの塊で、床下も凝っていますからヘタに弄って壊すわけにも行きません。

Tofu2

 軸受は、アダチのキットでいう「単軸台車」の構造で、ガタが持たせてあります。どうもこの台車のビスの締め付けがきつすぎてレールに追随出来ていないように見えたので、気持ち緩めてみました。

Tofu3

 すると、見事に脱線せずに走るようになりました。2軸貨車は元々不安定なので、この辺は気を遣ってほしいものです。

 そうすると、次はエコーから出ている尾灯をどうやって取り付けるか、ですね。海老名で毎年開催されている「鉄道展」の第1回の時に、その貨物の尾灯が売られていて、1つ捕獲してきましたが、エコーのものとずばり同じ形態です。実に暗~い尾灯でしたが、分解してみたら原付の6V電球で、本体にバッテリーを収納して点灯させる構造でした。昼間足柄に留置してある時に尾灯が外してあったのは、充電を行っていたからなのでしょう。海老名で拾って来たものは、室内でバッテリーを使うのは危険なので、パワーパックから電源を取るように改造しました。

| | コメント (2)

2017年12月21日 (木)

モーター換装ED71その後

 モーターを換装したED71、連続走行試験を行っています。

711

712


 後ろに続く客車の両数を増やしてみたりといろいろやっていますが、ある時、特定の場所で短絡して走行がギクシャクするという事象が発生しました。機関車を疑ったのですが、見たところ問題がありません。単機で走らせれば問題なく走ります。そこで、後ろにつなげた客車を1両ずつ外してテストしました。

713

 これを外したところで、正常に走るようになりました。この車を分解してチェックしてみたところ、センターピン部分のラグ板が変形していて、床板や仕切に接触して、ポイント区間などで短絡していたようです。早速修整したところ、この車を連結しても問題なく走るようになりました。

 このような場合、どうしても機関車を疑いますが、客車も照明などは考慮されていないものに手作業で追設しているわけですから、トラブルが発生しても不思議ではありません。ありふれたスハ43ですが、フジモデルのキットを組み上げたものですので。機関車に拘り過ぎて、不必要な部分までいじって壊してしまうのが一番まずいわけですが、今回はそれを避けることが出来てやれやれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

ED71モーター交換

 店レイアウトにあるED71、動力装置はEN22+MPギヤの組み合わせなのですが、同様のシステムで後から作ったカツミのED75や奄美屋のED77、改造した天賞堂のED78、EF71などと比べてこの機関車だけ唸るようなモーター音が出ていました。起動時も電圧をやや上げ気味にしないと動き出さないので空転も発生していました。動力伝達の各部を見ても異常がないので、どうやらモーターが原因ではないかと思っていたのですが、走るからいいやということでそのままにしてありました。ここで、直してみる気になったので、空いた時間にモーター交換を行いました。

711

 載せ換えたところです。新モーターは同じEN22ですが、他機で使用しているエンドウ発売のものです。

712

 以前どこかでEN22と同様の形で3極のものがあるという話を聞いたので、外したものを解体してみましたが、5極でした。ただ、ケーシングにあった型番がエンドウのものと違っていたので、EN22でも別バージョンだったのかもしれません。エンドウ発売のものでも軸の長短や「高速型」、「一般型」というようなバリエーションがありますから。走りからみて、「高速型」でなかったのは確かなのですが。

713

 モーター交換後は、他機同様発進もスムーズになり、唸るようなノイズもなくなりました。構造上同じくらいの大きさのED75より若干軽いので、そのせいかとも思ったのですが、やはりモーターそのものが一番の原因だったようです。

 出来上がってから15年も経っている機関車ですから、東日本大震災で棚から落ちたりとかもあって、手直ししたい箇所がいくつかありますが、取りあえず懸案の走行が改善されたので、手が空いている時にボチボチやればいいかな、と思っています。

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

その後のED58

 修繕作業を行っていた古のカツミ自由形ED58、形になって走るようになりました。

582

 換装されていた缶モーターがなかなか良いもののようで、低速が利きますし、フライホイールがあるわけでもないのに惰行も利きます。ヘッドライト、配線の途中に無造作にダイオードがハンダ付けされていて短絡していたようでしたので、カツミの新ダイオード基盤で整理しておきました。旧製品より基盤外寸が小さくなったので、自由形ELの小さな床板にも収まりました。

583

 この手の作業を行った場合、何かとトラブルが発生するポイント通過もすんなりクリアーしました。

585

 「58」同士の並びで「復活記念撮影」です。元々自由形ボギー客車を3両程度牽引させる想定での設計でしたから片台車駆動ですし、重量バランスもいささか?なこともあって、留置線に押し込まれている旧型客車の牽引は叶いませんが、どうしたら牽引力を増やせるか、頭をひねっていろいろ弄るのも自由形の楽しみでした。この機関車が売られていた頃には、これに使われているインサイドギアやモーターは単品販売されていたので、2個モーター化は容易でした。床下ウエイトになっているのは、それを見越してのことだったのかもしれません。

 今は縦型モーターやインサイドギアは全て絶版になっていますが、これにMPギアを取り付けている方もいらっしゃいますね。実際にやってみると、全長が短いので、動力伝達系のまとめに頭を使うのですが。入門向けの機関車でしたが、こんな具合にいろいろ頭を使って楽しめるものでした。そうした作業を通じて模型の取り扱い方を覚えて行ったものです。半世紀前の機関車も、ここでまた復活することになりました。直せてしまうのです。

| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

ED58修繕の続き

 先日のED58、不良個所がおよそ判明したので、修繕作業を続けます。

 この機関車は片側のみ動力台車、もう一方は付随台車になっています。よくよく調べてみると老朽化のせいか付随台車側の車輪、センターの絶縁パーツがゆるゆるになっていました。この機関車の台車は、ED70用の流用ですから、φ14の車輪を探せばよいのですが、現在では中間台車用のもの、両側絶縁のものしか出ていません。辛うじてエンドウから絶縁側、非絶縁側、車軸が個別に10個入りで発売されています。付随台車からも集電しなければならないのでこれを使うことにしましたが、10個も要らないですね・・・。

580

 これが付随台車側に付いていたものですが、動力台車のものを流用していたようでギア付きになっていました。動力側はねじ込み式のボックス車輪に換えられていたので、不具合が発生して修理されていたのでしょう。

E1

 交換で使用したねじ込み式のボックス車輪を組み立てたものです。10軸も要らないので、残りの8軸は、2軸単位で販売します。2軸で1,512円です。小型商品ですので、ヤマトネコポス便(全国216円均一運賃)で発送が可能です。

 何かの都合で、F級ELの中間台車からも集電したい場合に重宝すると思います。カツミ・エンドウ関係、中間台車用のボックス車輪、圧入のものは両絶のものしかありませんので。

581

 意外と簡単そうで難物なのが付随台車の取り付け部分です。今のようにきちんとしたセンターピン部品が確立されていなかったので、ファイバーワッシャーなどを挟んで絶縁していたはずですが、その部品がありません。手持ちのパーツを漁ってみると、床板のセンターピン穴が現在のMP対応のものに近いことが分かりました。センターブッシュを入れてみると、ややきついもののはまったので、穴をやや拡大しました。

582

 あとは普通のMPボルスターと同じように取り付けました。台車のセンターピン部分は、真鍮の屑板をハンダ付けしてφ2.0のネジ穴に改造しました。しかし、この時代の製品、車体がブリキなのは知っていましたが、台車のボルスターまで鉄だったんですね。床板ももちろん!高さの調整は、103系や小田急2400形の要領でやれば良いわけです。

583

 短絡などがないのを確認して走行試験です。このモーター、惰行が利いて実に良い走りです。良く走るようになったので、あとはライト関係や車体の補修を行って、来週あたりお客さまにお返しできるかな、という感じです。

 全てがブラックボックスのようなプラ製品と違って、金属製品の場合はこのように半世紀前の機関車でも復活させるのは十分可能なのです。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

古のED58修繕作業

 遠く北海道のお客さまから、かつて発売されていたカツミの自由形ED58の修理についてのご相談がありました。今の若い方には想像もつかないと思いますが、かつての16番は、このような自由形から入門して基本的な取り扱い方を覚えるのが一般的でした。現在鉄道模型入門の主流になっているNゲージでは、自由形を作っても値段に大差が出ないこともあって、いきなりスケール物から入りますから。

581

 現状を拝見して対策を考えることにしたので、現品をお送りいただきました。モーターを缶モーターに換装したりメタルインレタのナンバーやエンドプレートが貼られていたり、大事にされていたことがよく分かります。車体の状態も半世紀前のものとして極めて良いと言えます。

5821

583

 通電してみたところ動力台車は問題なく動くので、T台車側の修繕が出来れば復活しそうです。センターピンなどオリジナルのものはもう販売されていませんが、他メーカー品で同様に使えるものがありますから、それを使うことにします。

 学生クンに言わせると、Nゲージは10年も持つはずないです、と言いますが、こうして半世紀近く大事にされていた16番はまだまだ復活の目があります。ここは、何としても復活させたいですね。

584

 管理人もそろそろ脳卒中からの復活10周年ですが、退院直後に強引に始めたヒサシ付きのED75も、もう少しすると10年です。修繕中のED58とのツーショット。

 左手が極めて使いにくい中、悪戦苦闘でモノにしたわけですが、当然発生した不具合個所はその都度地味に潰して、現在はほぼ満足できる走りに持ち込んでいます。 車体の仕上がり不具合もまた同様ですが。

 とにかく、16番は息の長い趣味であることを改めて感じています。

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

大学祭

 先週は東海大学の大学祭でした。鉄道サークルがレイアウトを並べてデモ走行というのは、どこでも定番の展示ですね。東海大学では長らくそれがNゲージだけだったのですが、今年は16番をやっている1年生が複数入って、16番の線路も敷くことになりました。

T1

 そこそこのスペースを確保して、自慢の列車を持ち込んでいました。完成品だけでなく、真鍮製のキットを組んだ客車、なかにはギリギリでやったので塗装が間に合わず、自分で組んだことをアピールしながら走ったものもあって、多彩な内容になりました。

 16番の車両は高価ですから、Nゲージのように次から次へと買うわけには行きません。一方で、大学祭はOBや地域の人も多くやって来ます。そこで、彼らが持っていないこの地域の車両を貸し出して応援することにしました。

T2

 小田急と言えばやはりロマンスカーですし、HE車は大混雑で悩まされたOBにとっては懐かしいものの一つでしょう。今年はSE登場60年、来年は、そのSEが目指した新宿~小田原間60分をついに切って59分運転が実現します。

 しばらく様子を見ていたのですが、16番の展示は好評のようだったので、次年度以降さらなる発展を期待したいと思います。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

ロマンスカー臨時停車

 今日は大学祭の最終日、当店最寄りの東海大学前駅にロマンスカーが臨時停車しました。

One

 小田急は来年複々線が完成して、ロマンスカーも新宿~小田原間最速59分と、SE車の夢だった悲願の60分運転が達成されることになります。線路にも余裕ができるので、今後はこのようなフレキシブルな対応が増えるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

そろそろ大学祭

 今年の大学祭、鉄道研究会のメンバー妙に16番に力を入れています。若い人の間ではNゲージが主流なのですが、せっかくなので応援しています。イベントでは小さいNゲージより16番の方が見栄えがするのは確かですし。

 そこで、まったり進んできた動力更新の2200形を貸し出すことにしました。鉄道模型の展示は人気がありますが、来場するのは必ずしもマニアとは限りません。地域に公開するイベントなので。古いとはいえ地ネタですし。

2201

2202

 そこで面白いことを考えてみました。色味は良いけれど、いささか明るすぎるエンドウ室内灯の特性を利用して、乗客をたくさん乗せてみました。使用したのは、建築模型で賑わいを表現するのに使うコンセプトの、安価でたくさん入っている「わき役くろちゃん」の製品です。

 走行中のブレた写真でも乗客がいるのがはっきりわかります。模型ファンでない人たちは、案外こういう部分にリアリティーを感じたりするものです。この電車を大学祭に投入して、どのような反応があったかを学生クンに聞いてみようと思います。

 プロトタイプの2200形が最後に2両で営業したのは、昭和50年代初頭の多摩線でした。多摩ニュータウンの開発の遅れもあって、多摩線は当初廃車直前のABF車2連が使われていましたし、その後もFM車、HE車など古い車が優先的に投入されていました。時が流れて、多摩線も10両の千代田線直通急行が走り、いよいよ来年は近郊区間の複々線が完成するのですが、多摩ニュータウンはもはや老人団地になりつつあります。小田急は高度成長時代の通勤輸送対策が後手後手になっていたのは否定できません。ようやく形になった時には、人口減少と都心回帰になっているのですから。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

自由形EL

 今日は懐かしいものを手にしました。

101

 今から半世紀位前に売られていた、カツミの自由形EL、EB10です。「EB10」って、蓄電池機関車から改造された凸型機じゃなかった?と言われるとそれが正解なのですが、これは当時東海道線の貨物の主力だった、マンモスことEH10の短縮デフォルメなのです。当時、鉄道模型に入門して来る少年たちに向けて、このような「自由形」が多種発売されていました。

 HO(16番)が主流で、Nゲージがまだ始まったばかりの時代、鉄道好きの少年にとって、スケール物の機関車など、絶対に買ってもらえない中で、交通博物館のレイアウトと同じ規格のものを手にすることが現実になる、ほぼ唯一の接点だったと思います。

102

 外観的には、今の目で見るとプラレール以下にも見えますが、メカ的には極めて本格的です。それも、初心者の取扱に十分耐えるように頑丈な設計になっています。現代において、入門者の多いNゲージにこういう思想がないのはいささか問題だと思うのですが。壊れたら新しいのを買ってね、ということなのでしょうけれど、それでは入門者が育ちません。

 当時はスケールモノのELやECも車内に巨大なモーターがあるインサイドギア方式でしたが、この自由形B型ELでは、そのインサイドギア式の台車1つにボディーを被せたような構造でした。この方式の場合、走行しているうちに振動でモーターを取り付けているネジが緩んでウォーウギアが空回りし易かったのが難点でした。管理人も昔、そのような状態になると、購入したデパートへ持って行って直してもらったりしていましたが、その時に直し方の説明などをしてもらって、だんだん扱い方を覚えて行ったものです。

 ウォームギアのかみ合わせ具合は、感を掴まないといささか難しいのですが、昔須田町のカワイモデルのカタログで、ハンカチのような薄い布切れを1枚挟んで調整すると良い、ということが書いてあって、その通りにやると一発でベストコンディションになりました。その状態でのウォームギアとウォームホイールの遊び具合を覚えておくと布切れを挟まなくても一発で調整できるようになるのです。あの頃は、中学生くらいになれば、大体このくらいのことは覚えていたと思います。このEB10も同様の状態でしたが、さすがに速攻で調整完了となりました。

 鉄道模型入門の原点ともいえる自由形でしたが、その後安価なNゲージの普及もあって、すっかり影を潜めました。

661

 おそらく一連の自由形ELの最終形式と思われるEB66です。自由形ながら妙にリアリティーのあるデザインで、自由形の終焉を示唆していたようにも思えます。Nゲージが急速に普及し始めた時期とも一致します。それと同時に、入門して来る少年たちが、基本的な模型の取り扱い方を覚える機会も失われたというのは残念に思えてなりません。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

103系 | DD13 | ED71 | ED75 | ED75-1000 | ED76 | ED78 | EF64 | EF65-0番台 | EF71 | IMON 箱根登山モハ1 | KSモデルの103系 | LN15のテスト | NゲージED75 | おすすめサイト | お手軽リカバリー | お気楽工作 | よくある質問 | アクセサリー | アダチ 新ワラ1 | アダチのタム5000 | エンドウ 東急旧5000系モーター交換 | エンドウキハ52走行改善 | エンドウ小田急2200形 | オハ35戦前型 | オハ35戦後型 | オハ47 | オハ61 | オハフ33戦後型 | オハフ45 | オハフ61 | オハフ61-1000(3000) | オユ10 | カツミの103系 | カトーの16番12系 | キハ16 | キハ17 | キハ22 | キハ26 | キハ40-100前期形 | キハ58 | キハ58 800番台 | キハユニ15 | スハ33 | スハ33② | スハ40 | スハ43 | スハ43青 | スハフ42 | スユニ61 | タム5000 | ツム1000 | テム300 | ナハ11 | ニュース | パワトラ電車のMP化改造 | フジモデル客車キット組立詳解 | ホビーモデルのDD13 | マニ36 | マニ36 キノコ折妻 | マニ36 折妻車Ⅱ | マニ60 オハユニ61改造車 | マニ60(オハニ61改) | モリヤの103系 | モリヤの103系 総集編 | レイアウト | ワ12000 | 古い写真から | 古い天賞堂PFの動力更新 | 商品案内 | 営業案内 | 大雄山線モハ51 | 天賞堂EF57更新 | 天賞堂電機のMP化改造 | 奄美屋ED77 | 季節の話題 | 完成品電車の加工 | 実車の話題 | 客車キットの話 | 小田急2200動力更新 | 小田急2400形 | 小田急デニ1300 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 晩年の旧型客車急行を作る | 東日本大震災 | 流山電鉄モハ1101 | 登山電車低速化計画 | 相鉄 新6000系 | 色の研究 | 販促サンプル | 趣味 | 路面電車 | 運転を楽しく! | 鉄道模型入門 | 長野電鉄2000系 | 長電OSカー モーター交換 | 震災補充 オハ47