2011年10月15日 (土)

SG05 「MSグレー連邦系」を使った塗装の実際

 早速新規にチョイスしたガンダムカラーで、屋根の塗装の試験を行いました。使用したのは、色味の良さそうなSG05「MSグレー連邦系」です。ガンダムがさっぱり分からない管理人ですから、名前を言われてもさっぱり分からないのですが、色味で判断して選びました。

 先ずはNゲージのマニ60でテストです。

Yane2

 車体と床を分離し、尾灯のプリズムとガラスを外してから、屋根を外します。ベンチレーターを取り外したら、件のガンダムスプレーで基本の色を吹き付けます。この色って、微妙にメタリックの粒子が混入されているのですね。どんな影響が出るのかわかりませんでしたが、先へ進めます。

Tsuyakeshi

 セオリー通り、ベンチレーターを取り付けた後に、薄く溶いたレッドブラウンを吹いて錆汚れを表現します。最後に全体に艶消しのオーバーコートをかければ完成です。

Yukashita

 床下もいつものように薄く溶いたレッドブラウン+艶消しコートで、プラスティッキーな質感を消しておきました。

Kansei

 元通り組み立ててみました。混入しているメタリックの粒子も殆ど影響がなく、なかなかいい感じです。

Hikaku_2

 旧のファントムグレーで塗ったマニ36と連結しても違和感はありませんでした。どうやらSG05で良さそうなので、当面この色を在庫することにします。16番での使用事例は、新規に1両製作の上お見せしたいと思いますので、少々時間をいただきたいと思います。

| | コメント (0)

キャンバス屋根ベース色の検討

 これまで旧型客車のキャンバス屋根のベース色にしていた、ガンダムカラーの「ファントムグレー」が絶版になったので、代替色を探してみました。候補になったのはSG05 「MSグレー連邦系」とSG09「MSグレージオン系」です。

Gs_2

 黒に近くて、青みの少ないグレーという点では右の方が良さそうです。試しにダンボールに吹いてみました。

Hikaku

 SG05は、キャップ以上に黒味が強い感じで、これに決まり!です。早速、まずはNゲージの客車で試験をしてみます。次からは具体的な作業のご紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)