« 1匹目の仕上げ中です | トップページ | 照明の取付 »

2021年2月 8日 (月)

座席パーツの検討

 引き続きエンドウ新アオガエル1両目の仕上げ中ですが、ここで座席パーツの検討をします。

0_20210208201701

 キットでは、このように113系などのドアサイドのサイズのシートを組み合わせて所定の長さにするのですが、これではツギハギだらけなのが目立ってしまい、実感的ではありません。最近は室内灯も良くなったのでなおさらです。

 そこで、椅子が付いていなかった初版の時にやった方法に変更することにしました。

1_20210208202101

 IMONのロングシート、一番長いものです。

2_20210208202201

 実車では2分割だったので、その長さに切断したものを2つ組み合わせます。切れ端は長さを調整して車端部に使います。図面で合わせるとアングルに接着するとちょうど良さそうなので、この部分の構造を簡素化出来そうです。ホワイトメタル製なので、動力車の重量稼ぎの効果もありそうです。

 このパーツ、初版の時はフクシマ製品でしたが、今はIMONが引き継いでいます。キットのパーツも、うんと長いものを何本か入れておいて、ユーザーがカットして取り付ける方式の方が良かったかと思います。まあ、完成品の絡みもあって出来なかったのかな、というのも分からなくはないですが・・・。

3_20210208202801

 車体の方は窓ガラスが入りました。ガラスが入ると窓が反射するようになって、雰囲気が出て来ます。今回は車体色のスチールサッシのまま更新されたトップナンバーの編成ということで、既存のアルミサッシ、小窓ドアの東横線バージョンとはかなり違った雰囲気です。

4_20210208203201

 ここまでの全体像です。だいぶ完成が近付いている感じです。気になった点を勝手に直せるのがキットの良さですね。

 この先は、件の座席の塗装と取付、室内灯や前照灯などの取り付け、動力装置の組み立てと配線、パンタグラフの取り付け、レタリング入れといった具合にまだまだ工数はあります。

 

|

« 1匹目の仕上げ中です | トップページ | 照明の取付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1匹目の仕上げ中です | トップページ | 照明の取付 »