« 日光台車の近況 | トップページ | モハ112 窓ガラス入れ »

2020年11月 6日 (金)

ED78・・・

 仕入先の在庫を当っていたら、TOMIXのED78が出て来ました。

Cimg9693

 昭和43年の奥羽線、福島~米沢間の交流化、米沢~山形間電化と仙山線全線交流化に合わせて登場した機関車です。奥羽線の板谷峠区間では、このED78が本務機、同時に登場したEF71が補機という設定でしたが、実際にはどちらも本務機のような使い方をされていました。仙山線は軌道が脆弱だったために、軸重可変のED78のみが運用されました。

Cimg9694

 軸重調整用の中間台車が付いて、D型ながらF型並みの堂々とした車体です。この辺りは九州のED76と似ていますが。

Cimg9695

 総括重連を行うので、正面には貫通扉があります。ED78+EF71の他に、ED78同士の重連というのもよく見かけました。車体が大きいだけに重連になると見ごたえがあります。

Cimg9696

 屋上は、降雪対策でさっぱりしています。

Cimg9697

 付属パーツはこんな感じです。

 最近は、16番の手頃なプラ製の機関車も種類が増えてきて、このような地域限定的なものも出て来るようになりました。発売されてしばらく経っているので、そんなに売れるものでもなさそうですが、逆に再生産までのサイクルは長そうです。この形式はかつて天賞堂や宮沢からも出ていました。地味な車種ですが、模型映えはするということなのでしょう。

 比較的手頃な価格で、大型EL重連が楽しめるのでお勧めの一品かと思います。

 以前は東北線に乗ってED77が見えると、ああ郡山だな、とかこの78が見えると福島だ、といった地域ごとの車種を眺める楽しみもありましたが、現在では旅客は全て電車になり、貨物も亜幹線や支線区では廃止になって、そんな面白さもなくなってしまいました。

 ネット支店にも登録してありますので、興味のおありの方は宜しくお願いいたします。

ネット支店⇒https://ms-sagami.raku-uru.jp/

|

« 日光台車の近況 | トップページ | モハ112 窓ガラス入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日光台車の近況 | トップページ | モハ112 窓ガラス入れ »