« 車体傾きの確認 | トップページ | ホビーモデル 103系初期型非冷房車用床下機器 再入荷しました »

2020年11月26日 (木)

床板の加工

 クハ111の床板、台車取付部に続いて前照灯ON-OFFスイッチ取付穴と台車回転止め用の穴を開けます。

Cimg9912

 付属4両編成ですから当然基本編成などとの頭同士の連結があるので、ライトの点滅は必須です。台車回転止めは、気が付かないうちに台車が反転してライトが点かない、といったことを防ぐのに有効です。どちらも完成品やエンドウ・カツミのキットでは標準装備なのですが、KSのキットは素材ですから・・・。泥臭い作業ですが、完成した後のことを考えると省略するわけに行きません。

|

« 車体傾きの確認 | トップページ | ホビーモデル 103系初期型非冷房車用床下機器 再入荷しました »

コメント

めぐみのやまちゃん さま

 コメント有難うございます。昼間点灯になったのはだいぶ後の話ですからね。この穴開けが結構面倒なのです。その分安いのでしょうけれど。

投稿: さがみ | 2020年11月27日 (金) 22時13分

こんばんは。
ライトの点滅、昼間は消灯していた国鉄時代を再現するのにも必須ですね。

投稿: めぐみのやまちゃん(山内崇弘) | 2020年11月27日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車体傾きの確認 | トップページ | ホビーモデル 103系初期型非冷房車用床下機器 再入荷しました »